スキンケア大学 メンズスキンケア大学

シミ(しみ)・肝斑

シミ(しみ)・肝斑の知識を高め、シミのない美肌を目指しましょう。

記事ランキング

  1. 1
    ママを悩ますシミをレーザーで取る方法
    澤田彰史 先生

    澤田彰史 先生

    ママを悩ますシミをレーザーで取る方法

    出産後にシミが増えたと気付く方は多いようです。シミの素は密かに忍び寄ってくるもの。近年、病院でもシミが取れるレーザーを設置している所が増えました。では、レーザーでどのようにしてシミを取るのでしょうか。ドクター監修の記事で詳しく説明します。

  2. 2
    肝斑(かんぱん)のレーザー治療の内容と注意点
    厚田幸子 先生

    厚田幸子 先生

    肝斑(かんぱん)のレーザー治療の内容と注意点

    30代から40代の女性に多くみられるシミ、肝斑。長い間、肝斑にはレーザーは用いないのが一般的でしたが、高性能な機器の登場により、肝斑がレーザーで治療できるようになってきました。ここでは、肝斑のレーザー治療の内容と注意点について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  3. 3
    30代からのクリニックにおける肝斑の治療方法
    石橋正太 先生

    石橋正太 先生

    30代からのクリニックにおける肝斑の治療方法

    頬や額など顔の目立つ場所に左右対称にできる肝斑(かんぱん)は、30代〜40代に多く短期間に治すことが難しいといわれるシミの一種です。この肝斑のクリニックでの治療方法について、ドクター監修の記事でお届けします。

  4. 4
    トラネキサム酸(トランサミン)の美白効果と副作用とは
    厚田幸子 先生

    厚田幸子 先生

    トラネキサム酸(トランサミン)の美白効果と副作用とは

    美白成分やシミ、肝斑の治療でも使われるトラネキサム酸(トランサミン)ですが、気になる副作用にはどうようなものがあるのでしょうか?美容をはじめ治療で使われるトラネキサム酸の副作用について、ドクター監修の記事で解説します。

  5. 5
    美白点滴・注射の効果と美容外科で行なう内容
    厚田幸子 先生

    厚田幸子 先生

    美白点滴・注射の効果と美容外科で行なう内容

    美白点滴・注射とは、美白に有効な成分または成分をブレンドしたものを、点滴あるいは注射で体内に取り込む療法です。ここでは、クリニックにおける美白点滴・注射について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  6. シミのレーザー治療の経過とは
    厚田幸子 先生

    厚田幸子 先生

    シミのレーザー治療の経過とは

    シミのレーザー治療の経過について、ドクター監修の記事にまとめました。施術当日の様子から施術、術後のアフターケアまで時系列で紹介します。また押さえておきたいセルフケアのポイントもお伝えします。

  7. クリニックでの治療でそばかすを消すことはできる?
    厚田幸子 先生

    厚田幸子 先生

    クリニックでの治療でそばかすを消すことはできる?

    クリニック(美容皮膚科)で行うそばかすを消すための治療について、ドクター監修の記事でご紹介します。光治療など、一般的な皮膚科とは異なる治療方法についても詳しくお伝えします。

  8. シミのレーザー治療で失敗することはある?
    厚田幸子 先生

    厚田幸子 先生

    シミのレーザー治療で失敗することはある?

    シミのレーザー治療で失敗することはあるのかどうかについて、ドクター監修の記事にまとめました。シミのレーザー治療のメリットやデメリットを詳しくお伝えしながら、その有用性とリスクについて紹介します。

  9. しみ・そばかすを消す医薬品の治療効果と保険適用
    厚田幸子 先生

    厚田幸子 先生

    しみ・そばかすを消す医薬品の治療効果と保険適用

    シミ(しみ)やそばかす治療の薬について、その種類や効果をドクター監修の記事でお伝えします。シミとそばかすの違い、治療薬の作用メカニズム、健康保険が適用されるかどうかなど詳しくお伝えします。

  10. 肝斑(かんぱん)治療に用いられる薬の種類
    厚田幸子 先生

    厚田幸子 先生

    肝斑(かんぱん)治療に用いられる薬の種類

    30代から40代の女性に多くみられる肝斑(かんぱん)。治療薬には、外用薬と内服薬があります。ここでは、肝斑治療に用いられる薬の種類と気をつけたい副作用について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

シミの治療メニューと内容

シミ治療での代表的な治療方法をご紹介します。

カテゴリー