スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美容皮膚科をうまく利用する方法

美容皮膚科でできる“シミ治療”について

更新日:2016/12/09

シミを改善するには

今回のテーマは『シミ』です。皆さんはシミを隠して過ごされていますか?シミのためにファンデーションを厚く塗るなんて、もうやめましょう、これからは素肌で勝負です。

シミを気にするなら美容皮膚科の利用を考えてみてはいかがでしょうか?美容皮膚科であれば、必ずあるレーザーやフォトフェイシャルなどの機械による施術です。

レーザーは種類が複数ありますが、どれもかさぶたにしてとる方法です。原則1~2回で終わりますが、それ以上必要な例もあります。

一方フォトフェイシャルは光治療というもので、基本的に顔全体に照射します。レーザーよりも反応は低いので複数回行う必要があります。また光の種類が幅広く出力されるのでしみ以外の効果、例えばお肌のはり、赤ら顔などへの効果も期待できるという、まさに“光で顔を洗う”感覚の施術です。

両者ともクリニックにより効果の差が出やすいのも事実ですが、それは機械の差や施術者の技術によるところと思われます。また一番重要なのが、施術者の『シミ』の判断、知識です。

『シミ、そばかす』を知っておこう!

“シミ”はいわゆる『色素斑』を呈するもの全部です。一般的に『シミ=老人性色素斑』ですが、厳密に言うと老人性色素斑だけでなく、例えば肝斑、雀卵斑(そばかす)、炎症後色素沈着、ADMなど、見ようによってはイボ、ほくろ、悪性腫瘍も“シミ”の一つと言えます。

イボ、ほくろ、悪性腫瘍はちょっと別物ですので、ここではそれ以外のシミのお話をします。

それぞれ“シミ”として見えているものは『メラニン』という色素です。そのメラニンのほとんどは表皮細胞内に存在(一部真皮層)しています。メラニン色素はお肌の色も兼ねており、黄色人種である日本人は相応のメラニンがお肌にあるわけです。ちなみに毛の色もメラニンです。

ではメラニンはどこで作られるのでしょうか?それは『メラノサイト』という表皮最下層に点在する細胞から産生されます。実はこの細胞の質、働き具合、数の差、そしてメラノサイト周囲の表皮細胞の状態がお肌の色やシミのあるなしに関わってきます。

つまり、美白やシミ取りはメラニン色素をとることだけが重要ではないのです。本当のポイントはメラニンをつくる細胞であるメラノサイトやその周囲の表皮細胞にあるのです。以上のことを理解すると、シミとりや美白をしたい時、何をしなければならないのかがわかります。

これが本当の『シミ治療』

それでは、シミをとる、美白したいというときの具体的な方法です。

1.『メラニン色素をとる』ことです。それには上記のとおり、レーザーやフォトフェイシャルの出番です。まさにこれらの治療をしなければ始まらないのが“シミ治療”とも言えます。またケミカルピーリング、レチノイン外用もメラニンを積極的に排出させていきます。

2.『メラノサイトのコントロール』です。これには一般的にいう美白成分があたります。クリニックではハイドロキノンという美白剤をよく処方されます。またこれと同系統のものでルミキシルペプチドがあります。

両者ともメラノサイト内に入り、メラニンを産生する途中の過程をブロックする作用があります。美白成分といわれるものはこのほかにも多数あり、それぞれこのメラノサイトをどうコントロールするかという形で効果を発揮します。

3.『お肌の細胞全体のケア』、これはメラノサイト周囲の細胞ケアという事です。メラノサイトが活発化する要因は周囲の表皮細胞に紫外線、肌トラブルなどのストレスが加わることで情報伝達物質であるサイトカインがメラノサイトに送られるためと考えられています。

つまり“スキンケア”は重要という事になります。いい状態のお肌はシミになりにくくなるのです。この1~3が完璧にできてこそ、本当のシミとり、美白治療と言えるのです。

今回の美容皮膚科をうまく利用するポイント

シミとり、美白治療のポイントは『機器による施術だけで満足しない』ということがご理解できましたか?しみができにくいお肌造り、予防も心がけてください。

美容皮膚科にいくならイオン導入や、メソポレーションの併用、ビタミンCなどの飲み薬、サプリメント、点滴もいいでしょう。また、最近は化粧品でもいいもの、実用的なものが販売され、クリニック独自の化粧品もあります。私がおススメしたいのはビタミンC誘導体をはじめとする抗酸化物質の入った化粧品です。

美容皮膚科で受けられる施術であるレーザー、フォトフェイシャルを受けるのは良いことです。しかしそれだけで満足し、その他日常のケアを怠るというのは良くありません。さらに効果をあげたいのなら、その後のケアが大切です。そのケアは日常の事のようにずっと行うことが何よりも大切です。

お肌はすぐに変化するものではありません。1日1日の積み重ねが最高のお肌になる秘訣でもあります。下地作りをすることでシミのできにくいお肌へ変化していきます。5年後、10年後のお肌を見据えて、ご自身のお肌を見つめなおしてください。

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー