スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美容皮膚科をうまく利用する方法

おばさんの証!?「ほうれい線、たるみ」の原因とを改善する方法

更新日:2016/12/09

「ほうれい線、たるみ」は多くのかたの悩み

老けたと感じる「しわ」とともに、「ほうれい線、たるみ」、これらもやはり年齢以上に老けて見える原因で、多くのかたが悩んでいる症状です。表情時にでることが多いしわと異なり、毎日鏡をみるのであれば、必ず自分で気づいてしまうものです。

気づかない場合は10年前の自分の写真を見ると一目瞭然、変化がわかるかと思います。今回は「ほうれい線、たるみ」がなぜ起こるのか、手術という手段をとらない美容皮膚科でできる事をご紹介していきます。

ほうれい線、たるみの原因

ほうれい線は鼻横から口角外側に現れる両側の線で、頬と口周りの境界線でもあります。ほうれい線でふけたと感じるときは、つまりほうれい線が深くなったと感じた時や溝としてしわが形成された時です。

ほうれい線は「たるみ」という症状、つまり多くは頬のたるみが原因となります。その他にたるみと感じる主な部位はフェイスライン、目周り、口角です。

これらたるみの原因は、皮膚~筋肉のあらゆる層がターゲットとなります。皮膚は主にコラーゲンのある真皮層の変性、変化で、また脂肪層は脂肪の増加、脂肪コンパートメント支持組織の変化、そして表情筋の変化です。

この中でも真皮層の変化はたるみの大きな原因です。真皮層のコラーゲンは主に紫外線の影響で変性、減少していきますので、皮膚の土台が緩み、たるみ、しわの原因となります。これはお顔の一部分ではなく、頭部も含めた顔全体の真皮層の変化です。

また、脂肪組織が単純に多くなればたるみが出現することも考えられます。そして表情筋は皮膚に付着するものが多いため、表情筋の変化(伸縮性の低下など)はしわだけでなくたるみの原因にもなります。

例えば、ほうれい線以外でたるむ場所であるフェイスライン、口角はそれぞれ広頸筋、口角下制筋が関与してきます。主に皮膚がたるみの原因と上記しましたが、「たるみ」は複雑であり、その他の層へのアプローチも必要となることがご理解いただけたでしょうか?

美容皮膚科での「たるみ」治療

たるみは少し前まで形成外科の領域でしたが、昨今、手術を受けなくとも可能なたるみ治療が出現し、美容皮膚科領域でもたるみを扱うことが多くなりました。手術という手段をとらない施術をいくつかご紹介していきます。

・機器を用いる治療
まずは皮膚へのアプローチとして、ラジオ波(RF)を使用した機器があります。これは皮膚表面にダメージを与えることなくコラーゲンのある層のみを刺激、真皮層の再構築ができる利点があります。痛みが強いという難点はありますが、効果は高い施術です。

スキンタイトニングが可能なレーザー機器やフォトフェイシャルといった機器も皮膚の引き締めは可能ですが、照射のしかた、強さ、回数、他施術の併用が効果を左右します。また最近では表情筋を覆う筋膜をターゲットにもつ機器もみられます。

・注入で治療
レーザーなどの機器以外で、美容皮膚科では主にヒアルロン酸、ボトックス注入を行っています。ヒアルロン酸は主に頬~法令線領域への注入がその対象となります。法令線への注入の場合は、法令線の段差を解消する注入が多く行われている方法です。また頬にボリュームを出すことで、全体のリフトアップになります。もちろん法令線も少し解消します。

次にボトックス注入、これは表情筋へのアプローチとなります。ボトックスで代表的な眉間、額、目尻への注入の場合、今ある「しわ」へのアプローチですが、継続すると顔全体のたるみが起こりにくいようです。また最近ではマイクロボトックスという方法があります。

マイクロボトックスは、極めて微量のボトックスを皮膚の浅いところに注射する方法で、筋肉全体ではなく、筋肉の表面繊維だけの働きを弱め、皮膚の表面を滑らかにしたり、筋肉の機能は温存、自然な表情を保つ方法です。主にフェイスライン、首に注入する方法で、ほうれい線、フェイスライン、眼の下のたるみに対するリフトアップ効果が得られます。

今回の美容皮膚科をうまく利用するポイント

美容皮膚科で可能な主な治療についてお話ししましたが、まだまだ紹介できる施術は多くあります。ここで紹介している施術は今ある「たるみ」がお悩みのかたへの施術ですが、もちろん、たるみが出る前に美容皮膚科を利用、これらの治療を受けることで、いつまでもたるみが気にならないお肌でいられることが可能です。

1日でも早いケアをご検討ください。

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー