スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

食からはじまるアンチエイジング

腸内美人は肌美人!肌美人になるための3つのポイント

更新日:2014/07/14

肌美人になるための3つのポイント

腸内環境が整うと、便通も整い、有害物質がスムーズに排泄され、美肌に効果的な栄養成分の吸収も高まりますので、キレイなお肌が生まれてきます。腸内環境を整えるためにとり入れたい栄養成分は主に3つ。

便通を整えたり、腸内の善玉菌を増殖させる「食物繊維」、乳酸菌等の善玉菌を含む「発酵食品」、ビフィズス菌などの善玉菌の餌になる「オリゴ糖」です。

腸美人レシピ

【ドライフルーツ&きな粉&ヨーグルト】
食物繊維が豊富なドライフルーツを大きく刻み、発酵食品のヨーグルトを加えて、上からきな粉(オリゴ糖)をふりかけます。写真は、今が旬の干し柿にヨーグルトを加えました。その他、ドライイチジクやプルーンも食物繊維が豊富な上に、ヨーグルトとの相性が抜群です。

【グラノーラ(ドライフルーツ入り)&バナナ&ヨーグルトドリンク】
ドライフルーツ入りのグラノーラは食物繊維がたっぷり。そこに、オリゴ糖を含むバナナと発酵食品のヨーグルトドリンクを加えます。

また、雑穀ごはん(食物繊維)に納豆(発酵食品・オリゴ糖)をかけたり、豚肉と玉ねぎ(オリゴ糖)とキムチ(発酵食品・食物繊維)を炒めて食べるのも良いですね。

腸内環境を整えるための時間術

実は睡眠と腸内環境も深く関わっています。

何故なら睡眠時間が短いと高い確率で便秘になってしまうからです。ヒトは眠っている間に、胃や腸はほぼ90分周期で活動を繰り返し、消化しきれなかった食物のかす、腸内細菌の死骸、繊維質などで便が作られ、腸の蠕動運動で下部に送られ、大腸で水分が吸収され、最後に結腸に到達します。

そして、朝、排便欲求が生じ排便が起こるのです。そこで、大切になってくるのが“朝食”です。空っぽになった胃に食物が入ることで排便反射が現れるからです。胃の中に食物が入っていないとき、胃腸が十分に休息をとった後、つまり十分な睡眠をとった朝に食物が入ると、その反射は最も強く表れます。

そのためには、遅くても就寝前3時間までに夕食をとり、十分な睡眠をとることも大切な要素なります。夕食の時間が遅くなってしまうときには、出来るだけ消化の良いものを食べるように心がけましょう。

食事と睡眠で腸内環境を整え、真の肌美人を目指しましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー