スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美と健康を叶える食の話

冬こそ水分補給!乾燥肌・風邪予防のための正しいお水の摂り方

更新日:2014/07/14

体内での水分の役割とは?

身体に占める水分量は、成人で体重の50~60%、赤ちゃんの場合で70%といわれています。体重の約20%の水分を失うと命に関わるともいわれており、栄養成分ではありませんが、人体の生命活動にとって非常に重要な役割を担っています。

主な役割として、まず、体内に摂り入れた栄養素や酸素の運搬、老廃物を排泄するなど、生命活動を支えている代謝は水を介して行われています。また、同じく代謝の一環である体内での化学反応の基盤にもなっています。その他、汗をかくことにより体温の調節も行っています。

水分補給で乾燥肌を防ぐ

水分補給がなされないと、体内に新しい水分が入ってこないため、古くて汚れた水が身体中をめぐっていきます。その結果、血流が悪くなりつまりドロドロの血液となりリンパ液の流れも滞ってしまいます。

このような状態が続くと冷え性や肩こり、むくみ等の原因にもなり、引いては、身体の表皮の肌細胞にもダメージを与えてしまい乾燥肌をも引き起こしてしまうのです。つまりめぐりめぐって、お肌の美しさにも悪影響を及ぼしてしまうということですね。

このような事態を起こさないためにも、毛細血管の隅々にまで十分な酸素や栄養を届けるために常に新鮮な水を届けてあげることが重要となります。

風邪・インフルエンザ予防は水分補給から

風邪やインフルエンザの原因となるウィルスの侵入を防ぐには、こまめな水分補給が大切です。風邪やインフルエンザの原因となるウィルスは口や鼻から呼吸とともに入ってきます。鼻や気道の粘膜の表面は“線毛”と呼ばれる毛で覆われており、この線毛が小刻みに動くことで粘液に流れを作りウィルスを咳やたんとして排出します。

このとき身体の水分量が減ると線毛が乾いてしまい、うまく働かなくなり侵入してきたウィルスを排出できなくなります。風邪・インフルエンザ予防のためにも、こまめな水分補給で常に喉をうるおしてウィルスを寄せ付けないようにしましょう。

水分補給は“水”で

冬は寒い上に汗をかかないので、水分補給をするタイミングを失いがちです。意識をして水そのものを摂って、水分補給をこまめにするように心がけましょう。コーヒーやお茶などは水分を排出する利尿作用があるため水分補給としてはおすすめしません。

○1日の摂取量は?
1日に1~1.5リットルを目安に水そのものをこまめに摂るようにします。食事からの水分摂取を加えると合計で2~2.5リットルくらいが目安となります。スポーツ飲料は身体の成分に近いので吸収は速いのですが、飲み過ぎると糖分の摂り過ぎになるため、日常生活での常飲はおすすめしません。

スポーツをするときや夏など汗をたくさんかいてミネラル分を失うときにはおすすめです。このとき、スポーツ飲料を水で2倍に薄めて飲むと素早く吸収されるうえに、糖分の摂り過ぎも防げます。(※水分補給をするにあたり、心機能や腎機能に異常があって水分を制限されている人は主治医の指示に従ってください。)

○水の温度は?
冷たい水は身体を冷やしてしまいます。夏冬関係なく一年を通して、常温あるいはぬるま湯に近い状態での摂取をおすすめします。

○朝一番にコップ一杯のお水を
人は、睡眠中にコップ一杯分の汗をかくといわれています。睡眠中に失われた水分を取り戻すという意味と、起きがけに水を飲むことによって朝食を食べる前の準備運動的に胃などの消化器管が動き出してくれるので、便秘予防にも最適です。この時のお水も必ず常温またはぬるま湯で。

今年の冬は、水分補給を意識して行い、乾燥肌対策と風邪・インフルエンザを予防し、美と健康を叶えましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー