スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美しい女性でいつづけるためのアンチエイジング講座

おばさん顔の原因、目の下のふくらみの対処法

更新日:2016/12/09

アンチエイジングは目元が肝

顔の中で最も印象づけるパーツは目元、その目元のさまざま変化によって老けてみられたり、疲れてみられがちになります。その中でも特に疲れて見られ易いのは目の下の脂肪の膨らみ(目袋)。

近年、下まつ毛のすぐ下の筋肉の膨らみ(涙袋)を欲しがる人はいますが、更にその下の脂肪の膨らみ(目袋)を欲しがる人はいません。今回は、そのような目袋に関してお話しします。

目の下のふくらみは加齢の証

中高年の方で目の下が膨らんでいるのをしばしば目にしますが、これは眼球を支える靭帯が加齢でゆるむことにより眼球が下垂し、その結果として、目の周囲を覆っている眼窩脂肪に圧がかかり前に脂肪が突出することによります。

同時に、周囲の筋肉や皮膚もゆるんできますので脂肪の突出の手助けをします。また、10代から30代の若い人でも目袋が目立つ方もいます。この場合は加齢で生じる場合と異なり眼球周囲の眼窩脂肪が元々多いことによります。

ただ数十年前よりそのような若い人が増えているような気がします。生活習慣の変化で若い人でも早くに老化現象が始まっているとういう事なんでしょう。当然そのような方でも加齢の原因も加われば更に膨らんできます。

目の下のふくらみへの対処法

このような目の下の膨らみに対しての対処法ですが、小じわやくすみのようにレーザー治療等にては、なかなか改善できません。膨らみが軽度の場合は、その境目をヒアルロン酸で埋めることにより目立たなくさせることはできますが、膨らみが目立つ場合、ヒアルロン酸を注入しても全体が膨らんだ印象になってしまいます。

そのような場合、手術によって余分な脂肪を摘出してあげることが最良の方法と考えます。
何故ならこの手術は、まぶたの裏側からのアプローチで傷痕が一切皮膚表面に残らず、ダウンタイムの比較的少ない手術だからです。

実際には、下まぶたの裏側(結膜側)に5~10ミリくらいの切開を加え、余分な眼窩脂肪を摘出切除します。傷口の縫合はないので抜糸も必要ありません。腫れも軽度の事が多く、周囲からは膨らみがなくなったことで気づかれるかもしれませんが、手術をしたことを気づかれることはないでしょう。

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー