スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

山口眞未子のBeauty Magic

いろんな色を楽しみたい!異なるカラータイプを味方にしちゃう方法 (PASTELのケース)

更新日:2014/08/30

自分とは違うタイプの色を楽しむ

前回は、VIVIDさんが自分とは違うタイプの色を楽しむには?を見てきました。ハッキリ、シャープな色味が得意のブルーベースのVIVIDさんが、他のタイプのカラーを身に着ける際、どんな所に気を付ければ良いのかお話をさせて頂きました。今日はPASTELさんの場合を一緒に見ていきましょう。

PASTELの特徴

PASTELの特徴は、青みがかった色で、白っぽくパウダリーな柔らかな色(ブルーベース)や淡いグレイッシュな雰囲気のヴェールをかけたような、ニュアンスのある中間色が似合うカラータイプでした。

太陽が燦々と輝くトロピカルなイメージではなく、雨に打たれたあじさいの花が色移りしていくようなグラデーションのイメージです。大和撫子のような気品ただよう女性らしさが持ち味で、清潔感のあるエレガントスタイルを上手に着こなすことができます。

そんなエレガントでたおやかなPASTELさんが、もしVIVIDさんのようにシャープなメリハリある色を楽しみたい。DEEPさんのようにシックなゴージャスなカラーを着こなしたい。また、BRIGHTさんのようにキャンディカラーを楽しみたい場合、一体どうすればいいのでしょうか。

各タイプは、お互いに共通点を持ち合わせています。そこに着目し、色選びをすれば、無限にコーディネートが広がります。色を目いっぱい楽しんじゃいましょう!PASTELさんとの共通点と共に、各タイプを楽しむ方法を見ていきましょう。

VIVIDカラーを楽しむ場合

前回も触れましたが、PASTELさんとVIVIDさんの共通点は、‘青みがかった色’です。
VIVIDさんがはっきりとしたコントラストがある色がマッチするのに対して、PASTELさんは、優しい色合いが似合います。VIVIDカラーをPASTELさんが選ぶ場合は、なるべくブルーベースで淡い色味を選んでみましょう。

DEEPカラーを楽しむ場合

DEEPの得意カラーは黄色みがかった、落ち着いた深みのあるカラーです。
PASTELとDEEPの共通点は、‘スモーキーカラー’。
DEEPの得意とするシックでナチュラルなカラーの中でも、ソフトな色を選ぶと良いでしょう。

たとえば、茶系はイエローベースの王道カラーですが、PASTELさんが着用する場合、ピンクのニュアンスを含んだ、ソフトで落ち着いたブラウンがPASTELさんのエレガントなイメージにマッチします。

BRIGHTカラーを楽しむ場合

BRIGHTの得意カラーは、イエローベースの中でも、はっきりとした明るい色、フルーツを思わせる瑞々しい色です。PASTELとの共通点は、‘明るい綺麗色’。

PASTELさんが、BRIGHTさんの色を選ぶ時は、BRIGHTカラーの中でも元気いっぱいのビタミンカラーより、色味を抑えた淡い色を身に着けると良いでしょう。

イメージは、初恋を思わせる淡い色合いのレモンイエローやマシュマロの色が、PASTELさんの魅力をアップ↑↑します。
いかがでしたか?

ご自分のパーソナルカラーを知っていると、どんな色でも工夫さえすれば、素敵に着こなせ、自分の色にすることが出来ますよね。

世界はとてもカラフルに輝いています。人間が確識できるといわれている色は約20万色もあるのです。女性はおしゃれを楽しむ生き物ですから、たくさんの素敵な色を身にまとって、魅力を開花させましょう。

次回はDEEPさんについてみていきたいと思います。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー