スキンケア大学 メンズスキンケア大学

赤ちゃんのお肌のことを考えたベビースキンケアの魅力に迫る!/ピジョン

更新日:2018/12/12

ピジョン株式会社
国内ベビー・ママ事業本部 事業戦略部 マーケティンググループ
丸山 智 さん

赤ちゃんに不必要なものは、添加しないというこだわり

pigeon1

「ベビー全身泡ソープシリーズ」のボトルの裏には、「胎脂類似成分配合」と書かれています。これはどのような成分なのですか?

丸山:

赤ちゃんがママのおなかにいる姿を想像してみてください。羊水に包まれている状態ですね。羊水の中にいる赤ちゃんは、胎脂と呼ばれる成分で覆われているんです。胎脂は水分を抱え込む力が強く赤ちゃんのお肌を表面から保湿し、乾燥や外部刺激から守る働きをします。生まれたての赤ちゃんのお肌に白い膜のようなものがついているのですが、ご存知ですか?

あの白く膜状となっているものが、胎脂と呼ばれるものですか?

丸山:

そうです。赤ちゃんの皮膚の薄さは大人と比較すると約半分なので、生まれたばかりの赤ちゃんは胎脂によって外部刺激や乾燥から守られているんです。「ベビー全身泡ソープシリーズ」は、この胎脂に近い成分を配合した商品です。

生まれたての赤ちゃんのお肌は外部からの刺激にとても敏感です。ですから、なるべくママのおなかにいた時に近い状況をつくりたいと考えて、胎脂類似成分を配合しました。

この成分は、ベビー全身泡ソープシリーズのほか、泡シャンプーやベビーミルクローションなどにも使用しています。実は、私たちの会社は、日本国内でベビースキンケア商品をつくったパイオニアでもあるんですよ。最初にベビースキンケア商品を発売してからもう40年以上になりますが、常により良い商品づくりを目指し、ベビー全身泡ソープもお客さまに大変ご好評いただいています

研究開発の年数を重ねてきたからこそ、商品を生み出すうえでのこだわりもたくさんあります。赤ちゃんのお肌のことを第一に考えて、不必要なものは無添加にしており、パラベン、アルコール、着色料は一切使っていません。泡シャンプーやベビーローションも同様です。

ママやパパの使い勝手も考える商品を目指して

使い勝手で工夫されていることも多いように感じますが、その点はいかがですか?

丸山:

このベビー全身泡ソープというのは、ベビーソープでは日本で初めての泡タイプの商品なんです。泡で皮脂や汚れを浮かび上がらせるので、お肌をこすって余計な摩擦を起こすことなくやさしく洗い流すことができます。

赤ちゃんのお肌のことを考えてつくられているのと同時に、お客様の使用シーンを考えてつくられた商品でもあります。赤ちゃんのからだを洗う時は、片手で赤ちゃんを抱っこしなければなりません。片手しか空かない状態では、石けんを泡立てるのが難しいですよね。

しかし、固形や液体タイプと違って、泡タイプであれば泡立てる必要が無くそのまま洗うことができます。こうした使いやすさが支持を受けて、今では泡タイプが主流になっています。

また、ポンプの口の先端が斜めになっています。ポンプを押したときに泡がスッと手のなかにおさまり、液だれしないようにするためです。この他にも、サイドにスリット窓がついており、残量が一目でわかるようにもなっています。成分だけでなく、使いやすさにも徹底的にこだわっています。

デザインは、ママと赤ちゃんをイメージ

pigeon2

どのようなイメージを、デザインに反映しているのですか?

丸山:

ボトルのカタチにもこだわっており、実は妊婦さんのおなかをイメージしているんです。商品のロゴも、ママのおなかのなかに赤ちゃんがいるというデザインになっています。

会社のロゴにもハートが使われていますが、このロゴも同じ意図でデザインされたものになっています。ピジョンのPマークがママのおなかを表していて、ハートのなかに小さなハートが入っているんですよ。大きなハートがママ、小さなハートが赤ちゃんを表現しています。ピジョンが伝えたい「愛をカタチにする」想いが込められています。

そうした想いを、どのように発信されているのですか?

丸山:

今はWEBを使った発信がメインとなっています。妊婦さんにとっては、先輩ママの声が何よりも信頼できる情報になるからです。当社のホームページでも、実際に商品を使っていただいたお客さまのレビューをたくさん載せるようにしています。

ベビースキンケアに広く関わるブランドに!

赤ちゃん以外にも使用される方は多いのでしょうか?

丸山:

メインで使われるのは赤ちゃん用としてですが、ベビースキンケア商品は低刺激ということもあって、幅広い方にご使用していただいています。赤ちゃんに使用していただくブランドとしても、リーズナブルな価格設定なので、出産を迎える女性に広く受け入れられているブランドだと思っています。

また、「ベビー全身泡ソープシリーズ」のなかでも、しっとりタイプやベビーフラワーの香りなどといったバリエーションも出しています。ベビースキンケア商品全体としても、泡シャンプーやベビーローション、UV商品などを幅広く販売しています。

ベビースキンケア商品を通じて、どのようなことをお客さまに提案していきたいですか?

丸山:

当社のラインナップは、外に出た時には紫外線から赤ちゃんを守る、帰ってきたら、きちんとからだを洗う、お風呂上がりには保湿をするなど、赤ちゃんのスキンケアに対して、さまざまなシーンに使っていただけるようなラインナップを揃えています。

赤ちゃんのスキンケアに関わるすべてのシーンで使っていただけるようなブランドに、さらに育てていきたいと思っています。

pigeon3

ブランド情報

ピジョンベビー全身泡ソープは「赤ちゃんがママのおなかの中にいた時のようなやさしさでお肌を守る」という開発コンセプトのもと、生まれたての赤ちゃんの「胎脂」に着目したベビーソープです。必要以上に皮脂を取りすぎず、うるおいを残してやさしく洗い上げます。生後0ヵ月頃から使えるので、初めてのバスタイムにもおすすめです。

https://pigeon.info/skincare/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー