スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

敏感肌のあなたに、上質な心地よさを。牛乳石鹸「カウブランド無添加」

更新日:2018/08/06

牛乳石鹸共進社株式会社
マーケティング部
副主任
磯部亮太さん

こだわりの素材と製法で作られた「心地よい無添加」

カウブランド無添加1

(スキンケア大学)シリーズの誕生から今に至るまでを、ご紹介ください。

(磯部)「カウブランド無添加」シリーズ最初の商品「せっけん」は、1998年に発売されました。その後、時代のニーズを捉えながら、液体のボディソープやハンドソープ、シャンプーなどのヘアケア、メイク落としなどのフェイスケアと、少しずつブランド拡張を進めていきました。現在は14種類の商品ラインナップ(詰め替え用を除く)が揃っています。

(スキンケア大学)では、ブランドのコンセプトについてお聞かせください。

(磯部)全商品で、着色料・香料・防腐剤・品質安定剤・アルコールが無添加で、フェイスケア商品については、鉱物油も無添加です。もちろん、全商品で皮膚アレルギーテスト済み※です。

※すべての方にアレルギーが起こらないということではありません。

「デリケート肌を考えた無添加・低刺激処方」。これが、シリーズに共通するコンセプトです。創立109年を迎える弊社では、長年の研究と地道な試行錯誤を積み重ねてきました。肌への負担をできる限り少なくするために、原料を厳選し、肌への刺激が少ない処方にしています。肌への優しさだけでなく、使用中や使用後の満足感といった「毎日使い続けたくなる心地よさ」も大切にしているんですよ。

(スキンケア大学)厳選した素材というと、どのようなものがありますか?

(磯部)例えば、品質安定剤を使わずに商品の安定性を保つため、不純物の少ないハイグレードの原料を使用しています。また、香料を配合しないため、原料臭の少ない原料を採用するなどです。

植物性天然アミノ酸系の洗浄成分と植物由来のせっけん成分を組み合わせて、肌への優しさと使い心地のよさを実現させています。フェイスケア商品と泡ボディソープには、保湿成分として天然セラミドを使用しています。

敏感肌が気になる、すべてのお客様の声に応えたい

(スキンケア大学)「せっけん」が生まれた背景には、敏感肌の女性への思いがあったそうですね。

(磯部)化粧品市場ではまだ少なかった無添加商品の可能性に着目し、研究をスタートしました。その後、女性の「敏感肌意識」がどんどん高くなり、お客様の声や時代のニーズの把握に努め、開発に取り組んでいきました。

定期的な調査では、「自分の肌が敏感だ」と思う方の割合は徐々に増えており、現在では2人に1人の方がそう認識されているようです。特に20~30代の方の割合が多く、フェイスケア商品を利用される中心の層になっています。

(スキンケア大学)想定されている主なユーザーはどのような方でしょうか?

(磯部)シリーズ全体としては、肌がデリケートな小さいお子様からお年寄りまでお使いいただけます。加えて、敏感な肌に合う商品を探している方にはぜひおすすめしたいですね。フェイスケア商品に関しては20~30代の女性の方、ヘアケア・ボディケア商品に関しては30~40代の女性の方をユーザーが中心ですが、ご家族みなさんでお使いいただける商品になっています。

例えば、泡ボディソープは、妊娠されて肌の状態が不安定になっているお母さんに使い始めていただき、その後お子さんが生まれたら、赤ちゃんと一緒に使っていただいている方もいらっしゃり、そういった方の声もお聞きしています。

(スキンケア大学)最近、赤い箱の牛乳石鹸を使っている若い方が増えているそうですね。

(磯部)通称「赤箱」は発売して90年が経ちます。からだ用として発売しましたが、「洗顔にも使える」というお客様のクチコミが自然に広まり、最近では洗顔で使ってくださる若い女性が多くなっています。

一度使ってみてほしい! 目指すは全身のトータルケア

カウブランド無添加2

(スキンケア大学)PRなどの発信は、どのようにされているのでしょうか?

(磯部)ブランドサイトに加えて、最近では、主婦の方やナチュラルな志向の方へ向けた雑誌やコスメに特化したクチコミサイトなどが主な発信場所です。店頭の販促物からQRコードでブランドサイトへ誘導することもしています。大きな広告は手がけていないので、店頭のPOPシールやサンプリングなどで、地道なアプローチを続けています。

クチコミサイトでは、プレゼントキャンペーンで、敏感肌の方にサンプルを使っていただくこともあります。ブランドサイトからも、お一人様1回までですが無料サンプルの請求ができますので、ご購入前にぜひお試しいただきたいですね。

(スキンケア大学)WEBでの情報発信に期待されていることはありますか?

(磯部)牛乳石鹸には歴史がありますが、「カウブランド」シリーズは若い方にも広く知っていただくことを目指しています。若い方はスマホなどで情報を収集されるので、ご購入のきっかけづくりとして、WEBを活用していきたいですね。

(スキンケア大学)実際に、お客様のリピート率も高いそうですね。

(磯部)実際に分析をすると、シリーズのアイテム全体的に他社品と比べてリピート率がかなり高いんです。一度使っていただくと品質のよさを感じていただき、次のご購入につながるのだと思います。フェイスケア商品では、洗顔時にフォームや泡ではなく固形せっけんを使う習慣の方もいらっしゃるので、洗顔用の固形せっけんも発売しています。

(スキンケア大学)これから目指していきたい方向性について、お聞かせください。

(磯部)毎日の肌の状態が気になる方々、肌に使うものはなるべくシンプルに、でも使いやすいものがいいと思う方々のニーズに、これからも応え続けていきます。現在のラインナップに加え、保湿などもできるトータルケアブランドとして成長していきたいと思っています。そのためには、現在使用されているお客様の声に耳を傾け、何が求められているのかを知り、自信をもって作り上げた商品を、より多くの方々に知っていただくことが大切だと考えています。

カウブランド無添加3

■ブランド情報

カウブランド無添加は、「デリケートなお肌に悩む方々の毎日を少しでも明るいものにしたい」という想いから、1998年、最初の商品「カウブランド 無添加せっけん」を発売しました。その後、女性の敏感肌意識の高まりを背景に、生活者の皆様のニーズに合わせてボディケア、ヘアケア、フェイスケアと展開して参りました。今後も、肌へのやさしさだけでなく心地よさにもこだわった「毎日使いたくなる無添加」を目指して邁進します。

https://www.cow-mutenka.jp/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー