スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

濃密泡と上質な香りで、贅沢&リラックスなひとときを。牛乳石鹸「バウンシア」

更新日:2018/08/06

牛乳石鹸共進社株式会社
マーケティング部
主任
藤松源さん

発売から6代目で右肩上がりの人気に

バウンシア1

(スキンケア大学)バウンシアの誕生から今に至るまでをご紹介ください。

(藤松)2003年に発売し、約15年経っています。いくつかのリニューアルを経て、現在は6代目の商品です。当初から、泡立ちのよさをうたった商品として発売しましたが、当時の売上は、わたしたちの期待とは逆のものでした。どうしたらお客様のニーズに答えられるのか、かなり悩みましたね。そこで、香りやうるおいなど、なんらかの特徴をプラスすることを考え、商品の方向性を模索しました。

2012年に「原点回帰」をテーマに、もう一度、泡立ちのよさをしっかり強調することを目指したのが、現在の6代目パッケージです。すると、当時のボディソープ市場のニーズとかみ合い、そこから右肩上がりに急成長していきました。クチコミサイトでの評価もどんどん上昇してカテゴリーの1位をいただき※、新規のお客様の増加につながりました。1年前に、もう1種類別の香りの商品を追加し、現在はどちらも好調です。

※@cosmeクチコミランキング ボディソープ部門1位 2017/11/1~2018/4/30

(スキンケア大学)2003年の発売時、なぜ「泡立ちのよさ」をコンセプトにしたのでしょう?

(藤松)実は最初からコンセプトが決まっていたわけではないんです。当時、「何か今までにないボディソープを作れないだろうか」と社内で話し合っていたところ、研究員から「すごく泡立ちのよい処方ができた」と報告がありました。そこから一気に「泡立ちがよく保湿感のあるボディソープ」の企画が進んでいきました。

シャンプーに配合するコンディショニング成分をタブーとされていたアルカリ性のボディソープに研究員が試しに配合したところ、驚くほどの泡質のなめらかさと、もちのよさになりました。当時どのボディソープにも入っていませんでしたが今では汎用のほとんどにこのノウハウが使われています。

ノウハウの蓄積によって実現した、濃密な泡立ち

バウンシア2

(スキンケア大学)歴史ある牛乳石鹸さんの実績や積み重ねによって、よい泡立ちが生まれたのですね。

(藤松)長年せっけんを研究してきた会社なので、せっけんの成分に関するノウハウはあります。泡立ちはよいけれど泡自体が粗くなってしまう成分、逆に、泡はキメ細かいけれどすぐには泡ができない成分……特徴のちがう複数の成分をバランスよく配合しているんですよ。

(スキンケア大学)濃密泡ブームの先駆けのような存在だったのですか?

(藤松)はい。当時から業界内や店舗のバイヤーさんから「バウンシアはとにかく泡立ちがよい」と高い評価をいただいていました。ですが5代目までは、そのよさがなかなかお客様に届かないというジレンマがあったんです。

(スキンケア大学)なぜ6代目が売れるようになったのでしょうか?

(藤松)推測ですが、初代の商品を発売した頃は、市場はファミリー向けボディソープが全盛の時代でした。香りや保湿のような付加価値がある商品がそれほど受け入れられなかったことと、バウンシアの個性が伝わりにくかったことがあるかと思います。

そこからいろいろな試みを続け、再び6代目で泡立ちのよさを強調するようになったとき、市場でもしだいに商品に付加価値を求める傾向が増えてきて、そのニーズとうまくマッチしたのだと思います。ご使用いただいたお客様の高い満足感が、クチコミ増加と顧客拡大のサイクルにのれたのかなと考えています。

頑張る毎日に、お風呂でゆっくりリラックスタイムを

(スキンケア大学)想定されている主なユーザーはどのような方でしょうか?

(藤松)イメージは「30歳前後の働く独身女性」です。30歳くらいになると、後輩ができたり、仕事の責任も重くなったりしますよね。頑張る日々に、お風呂で少しでも贅沢なリラックスタイムを過ごしていただき、気持ちをリセットしてほしいと願っています。

(スキンケア大学)どのようなPRを展開されているのでしょうか?

(藤松)今まではクチコミを重視したアプローチです。実際に商品を使っていただき、より多くのクチコミを書いていただけるように、サンプリングや現品プレゼントキャンペーン、イベント開催、店頭での実演販売などを積極的に展開し、地道にユーザーを増やしてきました。最近はインターネットでの拡散効果もあり、よりクチコミが広がりやすい状況だと思います。

(スキンケア大学)WEBメディアには、どのようなことを期待していますか?

(藤松)WEBメディアには、お伝えしたい方に的を絞っておすすめしやすいこと、そして何をしたらどのような効果を得られたかの分析もしやすいと思いますから、それらのポイントに期待しています。そこは他の媒体との違いですね。

もっと贅沢に、もっと心地よく

(スキンケア大学)今後、このブランドをどのように育てていきたいですか?

(藤松)ずっと「泡」が重要だとお話してきましたが、発売当初から上質な「香り」にもこだわっています。泡立ちのよさだけでなく、香りでも贅沢さやリラックス感、いやしを感じていただけますので、その点も今後さらにお伝えしていきたいです。

ブランドとしての方針は「もっと贅沢に、もっと心地よく」です。泡立ちのよさを守りながら、ボディソープというカテゴリーにこだわらず、ブランド全体としてさらなる付加価値をお届けしていきたいと思っています。

バウンシア3

■ブランド情報

バウンシアは「もっと贅沢に、もっと心地よく」をコンセプトにボディソープとしてこれまでにない濃密泡を実現し、頑張った1日の夜に、気持ちよくリラックスしたバスタイムを過ごして欲しいという想いから誕生しました。
香りも上品でリラックスできるような香りを目指しており、現在は「清楚なホワイトソープの香り」と「上質なエレガントリラックスの香り」の2香調からお選びいただけます。
是非一度「濃密泡のクッション」をご体験ください!

https://www.bouncia.jp/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー