スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

働く女性のストレスに寄り添うビタミンC誘導体配合化粧品「ヴェルヴィアージュ」

更新日:2018/12/06

シーエイジング株式会社
代表取締役 宮野 浩一さん

エステから始まり男女問わず美しい肌を目指す人をサポートしたい

vellevierge1

「ヴェルヴィアージュ」開発の経緯を聞かせてください

宮野:

私たちは、もともとエステサロンの運営から始まった会社です。サロンのお客様の中には、エステで得た効果を持続させたい、という思いをお持ちの方が多くいらっしゃいました。そこで、家でもしっかり美容効果が得られる化粧品を作ることができないか、と考えていました。

当時は、ビタミンCによる肌への効果が注目されていた時代でした。普段、私たちは食べ物からビタミンCを摂取しています。しかし、ビタミンCはとても不安定な成分のため、喫煙によってもビタミンCは消費されます。また、特にビタミンCの消費を促しているのが「ストレス」ですね。わかりやすいものでは、職場やプライベートの環境で受ける精神的なストレスですが、寝不足や偏食など乱れた生活習慣によって受ける体へのストレスもあてはまります。そのほか、女性であれば妊娠・出産といったライフイベントや、40代以降に起こるホルモンの変化なども肌に大きく影響します。

これらによってエイジングサインが出てくる人もいれば、出てこない人もいるという差がありますよね。そこで、ビタミンCを活用して肌を美しく保つお手伝いをできる化粧品を作れないかと考えたのが、「ヴェルヴィアージュ」開発の背景です。

働く人たちの肌ストレスに寄り添う製品づくり

ビタミンC誘導体を3%配合しているとのことですが、この数字にはこだわりがあるのでしょうか?

宮野:

さまざまな濃度を試していて、最終的に行きついたのが3%という数字でした。

ビタミンCは優れた美容効果を持っていますが、化粧品に高濃度で配合すると、かえって肌に刺激を与えてしまう場合があるので、濃度の調整が大切です。最初から3%という数値にたどりついていたわけではなく、肌に最適と考えられる濃度を私たちなりに調べていった結果、整肌成分であるビタミンC誘導体を3%配合という濃度にたどり着いたのです。

私たちは、サロンでの経験と実力からたどりついたこのビタミンC濃度に自信を持っています。そのため、一般的にはあまり公表されていないビタミンC濃度を公表し、お客様にもわかりやすいよう努めています。

vellevierge2

たしかに、化粧品には配合されている成分は記載されていても、どれくらい配合されているかはわからないですね。配合されている量が明確になっていると、選ぶ方も目安にできそうです。

宮野:

私たちの商品は今、さまざまな化粧品を試して本当に自分に合うものを探してきた「化粧品マニア」ともいえる方々に愛されていると感じています。サロンのお客様のみならず、たくさんの方がネットでお探しになり、「ヴェルヴィアージュ」にたどりついてお問い合わせしてくださるのです。そのようなマニアなお客様にもご満足いただけるよう、今後も製品づくりに取り組んでいくつもりです。

ヴェルヴィアージュの化粧水はスプレータイプですが、この形に対するこだわりも教えてください。

宮野:

ヴェルヴィアージュは、忙しく働く現代女性にも日常的に使っていただきやすい化粧品を目指しています。スプレータイプのボトルもその表れのひとつです。

たとえば、朝と夜の洗顔後は化粧水やクリームで保湿する方がほとんどだと思いますが、日中のオフィスの乾燥した空気は、特に女性の肌にとっては過酷です。そのため、仕事の合間にでも肌にうるおいを与えられるようなものがあれば…と考えて、スプレーボトルにしました。

最近は男性でもフェイスパウダーなどを携帯していたり、肌への意識が高まっている方も多いですよね。そのような方たちにも、ちょっとした合間に使っていただきやすい形にしています。

美容クリームもプッシュタイプですが、こちらも携帯性を意識しているのでしょうか?

宮野:

携帯しやすくしたというより、使いやすさという点で美容クリームもこの形にしています。化粧水をつけてすぐにクリームをつけても、肌になじみやすくしているのがポイントで、化粧水とクリームを手のひらに乗せて混ぜても違和感がないほどです。そのため、忙しいときにはスキンケアを1回で済ませられるというのも、時間をかけずに肌をケアできるという点で大切だと考えています。

自分本来の肌の色に自信を持ってもらうお手伝いを続ける

今後どのようなブランドを目指していきたいとお考えですか?

宮野:

ヴェルヴィアージュのコンセプトとして「肌輝(ハダキ)」という言葉を打ち出しています。これは、自分が生まれ持った肌の色をより美しく見せるという考え方に基づいて作った言葉です。

日本人の間では特にそうですが、昨今は美白ブームで、肌が白ければ美しい…と言ったある意味で神格化されたようなメッセージが蔓延していると感じるのです。しかし、今より白い肌でなければいけない、ということはないと私たちは考えています。

たとえば、スポーツ選手は日焼けしている方が多いですよね。屋外のスポーツでは日焼け止めを塗っても汗で流れ落ちてしまい、どうしても日焼けしてしまいます。しかし、日焼けしていても肌がキレイだと感じる方も多くいますよね。それは、キレイな肌に色は関係がないからです。

私たちは、「肌の色だけではなく、肌荒れがないといった意味での美しい肌にこだわってもいいのでは?」ということを皆さまに問いかけ続けています。これからも、皆さまが肌の色だけに固執しない、本当にキレイな肌を目指していくためのお手伝いをする化粧品を作り続けたいと考えて思っています。

vellevierge3

ブランド情報

velle vierge は美白よりも様々なお肌の女性達の価値観を大切にしています。

どんなトーンの肌色でもなめらかで艶感のある「触れてみたくなる」肌になれるよう、ビタミンC(整肌成分)を高濃度に配合し、シンプルなステップで効果を発揮させるケアを実現しました。
velle vierge は年齢を重ねてお肌に変化を感じ始める忙しい女性のお悩みを解消し、美肌だけにこだわらない「素肌づくり」をお手伝いしていきます。

http://www.vellevierge.jp/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー