スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

肌の基礎力を保つ!「イースペシャル」とドクターズコスメの魅力とは

更新日:2019/01/21

ドクター自らが「使いたい」と思える化粧品を開発

especial1

株式会社美人製造研究所
所長 片桐 衣理さん

まずは、美人製造研究所を立ち上げた背景から、お聞かせください。

片桐:

私はこの会社と同じ場所で、美容内科・美容皮膚科の「衣理クリニック表参道」を開業しています。クリニックには肌の悩みを持つ患者様がたくさんいらっしゃいますが、その方々に使っていただける化粧品、さらには私自身も使えるものを、と思い美人製造研究所を設立して、ドクターズコスメ「イースペシャル」を開発することになりました。

設立にあたっては、ユーザー様の「こうだったらいいのに」という気持ちをきちんとくみ取りたい。私自身もドクターとしてではなく、ユーザー様と同じ目線に立った商品展開がしたい。そんな想いから、フォローアップやコミュニティなども充実させて、すみずみまで配慮が行き届く会社を目指しています。

コスメ迷子だった過去の経験から、たどりついた答え

片桐先生がそこまで、化粧品にこだわられているのはなぜですか?

片桐:

私自身、もともとコスメ迷子だったんですよね。中学生の頃の手作りコスメから始まり、お小遣いをためて外資系の化粧品を買い集め、大学生のときは海外旅行先で国内未発売の海外製品をまとめ買いしたりして、それはもういろいろなコスメを試しました。

そうして試してきたコスメは、いいなと思える商品もありましたが、期待ほどではないものがほとんどでした。肌がかぶれてしまったことも、1度や2度ではありません。その頃、ドレッサーの上にはいつも、いろいろな化粧品が並んでいたんです。ですがあるとき「これだけ投資して努力して使っているのに、どうして効果が出ないのだろう」と空しくなってしまったんですよね。

結局、そのときに使っていた化粧品はほとんど捨てて、肌の基礎力を上げてくれそうなアイテムを3品だけ選んで使い始めたところ、2週間で肌の調子が変わってきました。「これだ!」という想いから構想を練り始めて、クリニックを開業後、化粧品の開発を始めたのです。

年齢や肌トラブルにも揺らがない「肌の基礎力」を作るスキンケア

sashikae

そうした構想から誕生した、「イースペシャル」のこだわりとはどんなところですか?

片桐:

スキンケアはやっぱり、「肌の基礎力」を保つことが一番大切です。基礎ができていないと、どんなにすばらしい有用成分が配合された化粧品を使っていても、肌に響かない、時には負けてしまうのです。

ですから、「イースペシャル」では、「年齢やトラブルにも揺らがない、ブレない肌を作る」ことに着目。シンプルで効率のよいお手入れをかなえる「ベーシックケアライン」を筆頭に、さまざまな肌悩みに積極的に応える「アクティブリニューライン」、ヒト乳歯幹細胞に注目した「ビューティーセルテクノロジーライン」、さらにはヘアケア・ボディケアラインや、サプリメントもご用意しています。

「イースペシャル」の商品第一号は、容器のデザインやシンボルマークも私が手掛けました。容器や外箱に使用しているサーモンピンクは、母性や女性ホルモンをイメージしています。

周囲からは「デザイナーさんに依頼しなくていいのですか?」といわれたのですが、自分の想いを伝えるには、やはり自分で作るしかないと。その想いは、今もそのまま受け継がれています。

10年以上の愛用者様も多数。最近は有名人によるクチコミも

especial3

「イースペシャル」の愛用者は、どのような方が多いのでしょうか。

片桐:

もともとは、私のクリニックの患者様がほとんどでした。最近は、全国約200か所の実店舗やネット通販でも購入できるようになり、クリニックを知らない方でも「あのピンクのボトルの化粧品」とクチコミで購入されるケースが増えてきています。

実際にご購入いただく方は40代くらいの女性が多いのですが、最近は女優さんやモデルさんがご自身のブログや本で紹介してくださることも多く、彼女たちのファンである若い方へと裾野が広がっています。

有名人のご愛用者は、私が普段から肌荒れや体調不良のフォローをさせていただいている方もいれば、まったく偶然に手に取られて「よかったから」と自発的に紹介してくださる方も。本当に、ありがたいですね。

イースペシャルをお使いいただいた方からは、「1度使うと手放せない」というお声もよくいただきます。クリニックを開業して18年になりますが、その当初からご愛用いただいている方や、10年以上のロイヤルカスタマー様も多いですね。

化粧品選びは、クリニック選びと一緒

最近はドクターズコスメも増えています。片桐先生から見た「ドクターズコスメのよいところ」とはどんなところでしょうか?

片桐:

まず「ドクターがちゃんと作っているコスメである」ことが前提です。加えて、それまでの臨床経験から本当に必要と思われる商品を作っていること。使っている方の「その後」までも見据えて作っていること。さらに、何かあればすぐ相談に乗れるという点も、差別化につながりますよね。

ありがとうございます。最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

片桐:

かつての私のように、いろいろな化粧品を渡り歩いては悩んでいる方も多いと思います。すばらしい効果効能をうたう化粧品に出逢うとつい、飛びつきたくなってしまいますよね。でも、まずは足元となる、肌のベースを確固たるものにすることが大切です。

私は「クリニックのドクター」「化粧品会社の所長」とそれぞれに頭を切り替えているわけではなく、常に両方を循環するつもりで化粧品を開発しています。皆さんが化粧品を選ぶときも、クリニックを選ぶような感じで、相性や想いに共感できる部分などを意識してお選びいただけたらいいなと思います。

activeline

ブランド情報

イースペシャルは、美容皮膚科・内科医である片桐衣理が、自らの肌のコンプレックスを克服した経験から、美肌医学を追求して開発したドクターズコスメです。
長年の肌研究からたどり着いたのは、シンプルでムダのない、しかも高効果を目指したスキンケア。年齢やトラブルにも揺らがない"ブレない肌を作るスキンケア"として、悩みを抱える方はもちろん、いつまでも若々しくありたい女性すべてに使っていただけるラインナップです。

https://www.bijin-seizo.com/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー