スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美しいデザイン缶とテクスチャーにこだわった全身に使える「スチームクリーム」

更新日:2019/03/07

発売から10年以上の間、デザイン豊かな美しい缶とやさしい香りのクリームで愛されている、スチームクリーム。今回は、スチームクリームを製造・販売するSC.Cosmeticsの取締役 田上静香さんに、その誕生秘話や今も続くこだわりなどについてお話を伺いました。

スチーム×天然成分から生まれた元祖スチームクリーム

sccosme01

SC.Cosmetics株式会社
取締役 田上 静香さん

スチームクリームはどのような経緯で生まれたのですか?

田上:

今、化粧品クリームといえば顔専用に使うものや目の周辺に塗るアイクリームなど、部位ごとによって分けられているのが当たり前ですが、昔は「本当に良質なクリーム1つでどこにでも使える」ものでした。そのころのようなシンプルな美容クリームを作りたい、という気持ちがスチームクリームの始まりになっています。

たしかに、クリーム1つでも最近は種類が豊富にありますよね。スチームクリームはこれ1つでどこにでも使えるのですか?

田上:

はい。スチームクリームをハンドクリームと思っている方もいらっしゃるのですが、手に限らず、顔や脚など全身どこにでもご使用いただけます。男性の方でシェービングクリームとして使ったり、お風呂上りにアウトバストリートメントとして髪につけるという方もいらっしゃるんですよ。

髪にもつけられるというのは珍しいですね。スチームクリームの「スチーム」とは、蒸気のことでしょうか?

田上:

はい。19世紀初めごろのフランスで、スチームを使ってクリームを作っていたらしい…という逸話に着想を得て開発しました。

また、現代ではスチーム美顔器があるように、蒸気は肌のケアに使われたりするので、優しく包み込むイメージがあると思います。この「やさしさ」と蒸気機関車のような「力強さ」のイメージの共存が面白いね、ということで作り始めました。最初はキッチンにあるカプチーノマシンを使って何度も試作をくりかえして…。

sccosme02

カプチーノマシン!たしかに泡立てるのにスチームを使いますよね。

田上:

そうなんです。スチームは水なので、量によってはクリームがうまく乳化しなかったり、水っぽくなったりしてしまうんです。そのため、スチームをかける量、カカオバターやホホバオイルなどの油分の配合割合やエッセンシャルオイルのブレンド比率なども色々試作して、ようやく今の処方で完成したのですが、着想から販売までに10年以上かかりました。

そんなに長い歳月がかかったんですね。ちなみに、スチームを使ったクリームと通常のクリームではどのような違いがあるのでしょうか?

田上:

スチームを使って作ると、テクスチャーがやわらかくなるとともに、肌にのせた時の伸びがよくなります。通常のクリームと比べるとベタつきも気にならないというお声もよくいただきます。

また、ハンドメイドにもこだわっているのも特徴です。原料のひとつにオートミールからしぼるオートミルクがあるのですが、オートミルクを搾り出す作業や、原料をブレンドしてクリームを作る作業は、現在も職人が手作業で行っています。

見て・選んで楽しいスチームクリームの缶のデザイン

sccosme03

スチームクリームは同じクリームでも缶のデザインがたくさんありますよね。かわいいデザインが多くて、見ているだけでも楽しいですね!

田上:

ありがとうございます。もともと「たった1つのクリームでスキンケアがすべて済む」というコンセプトがあり、製品もクリーム1つだけでした。ですが、パッケージの種類がいくつかあれば、お客様に「次はどのパッケージにしょうかな?」と選ぶ楽しみを感じていただけるのではないかと思いました。

オリジナルの缶は銀色のシンプルなものですが、最初はそのほかに5種類のデザインの缶を作り、計6種類のデザイン缶でスタートしました。そして、展開している缶のデザインがどんどん変わっていったら面白いと思い、数量限定の缶を数多く作るようになったのです。

保湿クリームは、赤ちゃんからお年寄りまでどのような方の肌にも必要なものです。そのことを考えると、デザインも「お友達へのプレゼントに」「お母さんに」といろいろ増えていきました。クリームは身近に置くものでもありますし、やはりきれいなデザインのほうが嬉しいものではないかと考えています。

おかげさまで、イベントなどで販売させていただいたときも「あ、あの缶のクリームね」とおっしゃっていただけています。

ただ、缶のデザインが違うので中身もクリームごとに違うのでは、と考えられる方もいらっしゃいます。そのような意味では、缶のデザインを豊富にすることで少しお客様に混乱を招いてしまっている部分もあるかもしれません。

今後は、デザインだけで注目いただくのではなく、中身のクリームも「本当にこだわって作っているよいもの」であることを、もっとお客様に伝えていきたいと思っています。

sccosme04

スチームクリームの本当のよさを伝えたい

最後に、スキンケア大学の読者の皆様に一言お願いします。

田上:

スチームクリームは、豊富なデザイン缶でお客様の目を引くものだと思います。一方、中身のクリームのこだわりやテクスチャーは実際に使ってみて初めてわかるものだと思っています。

香りもラベンダー、ネロリ、ローズ、カモミールなどをこだわりのブレンドで配合していますので、まずは手に取っていただきその香りやテクスチャーをお試しいただけると嬉しいです。

スチームクリームは全国のバラエティストアのほか、全国12店舗の直営店、百貨店などでの期間限定ショップで取り扱っています。お出かけ先でデザイン缶を見つけていただいた際は、ぜひ店頭でスチームクリームをお試しいただければと思います。

sccosme05

ブランド情報

STEAMCREAMとは

クリームと思えないほどふわっと軽いテクスチャーは、カプチーノのミルクを泡立てるように、高温のスチーム(蒸気)で原料を混ぜ合わせることで、素材に与えるダメージと乳化剤の配合量を最小限に抑えたノンストレス処方※により生まれました。
蓋を開けた瞬間に広がるのは、エッセンシャルオイルをブレンドした100%天然の香りです。

※ノンストレス処方とは、スチームクリーム独自のスチーム(蒸気)製法を用いることで、製造の段階で原料に与えるダメージを究極まで抑えた処方のことです。

https://www.steamcream.co.jp/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー