スキンケア大学 メンズスキンケア大学

ドゥーナチュラルが提唱する「ビューティーとサスティナビリティー」の両立

更新日:2019/10/10

ジャパン・オーガニックでは、新たなナチュラルスキンケアブランド「ドゥーナチュラル(do natural)」を2019年8月から展開しています。今回は同社の取締役である本田さんに、ブランドが大切にしている「ビューティー&サスティナビリティー」の考え方をはじめ、さまざまなお話を伺いました。

オーガニックの"本質"を追求する!

do01

ジャパン・オーガニック株式会社
取締役 セールス&マーケティング部 部長 本田 晃久 さん

ジャパン・オーガニックでは「ビューティー&サスティナビリティー」という考え方を大切にされていますが、これはどのような考え方なのですか?

本田:

ビューティーというのは「美を追求していくこと」で、サスティナビリティー(持続可能性)というのは「環境に配慮した持続可能な社会の実現に貢献していくこと」です。そのふたつを両立させていくのが「ビューティー&サスティナビリティー」の考え方で、私たちの会社がずっと大切にしてきた想いでもあります。

私たちは2008年から「ドゥーオーガニック(do organic)」というオーガニックコスメブランドを展開していますが、このブランドを立ち上げた当時の日本では、オーガニックと言うと「天然由来のものだから、なんとなく体に良いもの」というように捉えられていたと思います。

しかし、本来オーガニックコスメというのは「環境にやさしいオーガニック栽培原料や天然由来(植物由来)原料を使うなど、自然の"循環"を乱さない製法で作られた化粧品」のことですが、日本では「オーガニック原料を使っている」「いい香りがする」といったところだけが切り取って紹介され、それがオーガニックコスメだと思われていました。

一方、ヨーロッパでは環境配慮のこともきちんと理解されており「何がオーガニックコスメなのか?」という明確な基準が認証機関によって示され、消費者に認知されていました。オーガニックというのは「環境に配慮し、持続可能な社会を実現させていくための方法」であり、オーガニックコスメは「持続可能な社会の実現に貢献しながら、美しさを追求していくコスメ」のことです。

私たちはそうした「オーガニックコスメのあるべき姿」をしっかりと理解したうえで「ドゥーオーガニック」を立ち上げ、その定義に基づいた商品を開発してきました。こうした私たちの考え方は、2019年8月に発売した「ドゥーナチュラル(do natural)」にもしっかりと受け継がれています。

確かな"処方力"で「ビューティーとサスティナビリティ―の両立」をお客さまへ

「ビューティー&サスティナビリティー」という考え方を、どのように具現化させていったのですか?

本田:

サスティナビリティーに関しては「ドゥーオーガニック」のスキンケアラインで、オーガニック認証の世界的な基準と言われている「ECOCERT(エコサート)」の認証を取得しました。ビューティーということでは「処方力」にこだわって商品の開発を行っています。

私たちが考えている処方力とは「エコサート基準をクリアした限られた植物由来原料の中から有用な原料を選定し、最適な組み合わせを見つけ出し、美しさを実感できる化粧品にまで仕上げること」です。植物のなかには素晴らしいチカラを持っているものもあるのですが、一方で刺激の強いものもあります。植物由来だからと言って、必ずしも肌にやさしいというわけではないのです。

一つひとつの植物の特性をしっかりと見極めながら、配合バランスを綿密に計算し、商品の開発を行っていますし「そうした研究開発の積み重ねがなければ、肌にやさしく植物のチカラを生かす商品をつくりだすことは難しい」と私たちは考えています。

ドゥーナチュラルを、より手に取りやすいブランドに!

do02

2019年8月に発売された「ドゥーナチュラル」は、どのような背景から生まれたのですか?

本田:

「ドゥーオーガニック」は、非常に難しい「"地球環境へのやさしさ"と"美しさの追求"の両立」を具現化できた数少ない国産オーガニックコスメブランドだと思っています。そのような商品や考え方を、より多くの方に知っていただきたいという想いから立ち上げたブランドが「ドゥーナチュラル」になります。

石油由来の原材料に比べて植物由来の原材料は高額なものが多いですが、パッケージをシンプルにするなど、工夫を重ねていくことでいろいろな方に手に取っていただきやすい価格の商品を開発しました。シンプルなパッケージにすることは、ゴミを減らし、地球環境に配慮することにもつながります。

また、よりわかりやすくブランドのことを理解していただけるように「地球環境へのストレス」や「乾燥ストレス」などの「ストレスケア」をテーマに掲げて商品の開発を行っています。地球環境へのストレスケアということでは「天然由来成分90%以上」にこだわって、すべての商品を開発しています。

乾燥ストレスによる肌のゆらぎに対しても「ドゥーオーガニック」で培ってきた処方力を生かして「満足感」と「肌へのやさしさ」を両立させる商品になっています。また、ゼラニウム・ラベンダー・ローズマリーの天然精油100%の香りで、使うたびにやすらぎが感じられるようなナチュラルスキンケア商品に仕上がりました。

次代のムーブメントを創造していきたい!

実際に「ドゥーナチュラル」を発売されて、世の中の反応をどのように感じていらっしゃいますか?

本田:

最近は、あらゆる業界や分野でサスティナビリティーの考え方が浸透してきていることもあって、多くのメディアに「ドゥーナチュラル」のことを取り上げていただき、発売以来たくさんの方々にご興味を持っていただいています。特に若い世代の方は環境に対する問題意識も高く、こうした流れというのはこれからもっと強くなっていくと思っています。

「ドゥーナチュラル」をより多くの方に使っていただくことで「ビューティー&サスティナビリティー」の流れを後押しし、その流れをさらに大きなものにしていきたいですね。

do03

ブランド情報

「ドゥーナチュラル」は、ジャパン・オーガニック(株)が手がけるドゥーオーガニックの姉妹ブランドとして2019年8月にデビュー。天然由来成分を90%以上配合した、ミレニアル世代をメインターゲットとするナチュラルスキンケアブランドです。

デビュー時には、化粧水2種、美容液2種、乳液、クリーム、クレンジングオイル、洗顔フォームの全6品種8品目を展開している。

https://www.donatural.jp/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー