スキンケア大学 メンズスキンケア大学

ゆらぎ肌、敏感肌、アトピー症状、「L-92乳酸菌」が対策のカギだった!?

更新日:2019/10/09

top

季節の変わり目になると、
「肌がカサカサする」
「化粧品でピリピリと刺激を感じる」
「まったく心あたりのない肌荒れが起こる…」

皆さんはこういった肌悩みを感じたことはありませんか?また、そういった時にどのようなケアをしていますか? 多くの方は肌に現れた異常は肌の上で解決をしようと、化粧品の買い替えやスキンケアを見直すと思います。しかし、それでも状態がよくならずに困っている方がたくさんいます。

近年、美容業界では「ゆらぎ肌」という言葉が定着してきました。肌は季節や生活環境の変化によっても影響を受けてゆらぎます。それらの肌の不調は、アレルギーによって発症していることがあり、その原因が体の内側から起こっていることをご存知でしょうか?

実は、その事実にいち早く着目して研究していたのがアサヒグループの研究所。
「カルピス」の研究由来の「L-92乳酸菌」によって、アトピー性皮膚炎などアレルギー症状が改善することを発見したのです。

P9130024

アサヒカルピスウェルネス株式会社
研究開発部 研究企画グループ
グループリーダー 勘里 裕樹さん

今回は「L-92乳酸菌」の研究開発に携わった勘里さんからお話を聞いてきました!

長年の乳酸菌研究の中で見つけた「L-92乳酸菌」のチカラ

「L-92乳酸菌」を開発することになった背景から教えてください。

勘里:

「L-92乳酸菌」は「カルピス」の研究を起源にもつ、乳酸菌研究から選び出された独自の乳酸菌です。研究を始めた当時「乳酸菌がアレルギーに良いのではないか?」とささやかれていました。弊社では長年に渡って乳酸菌を研究・開発していましたので、多くの乳酸菌のストックがあり、その中からアレルギーに効果を発揮する乳酸菌を選抜しました。牛乳やヨーグルトなど一般的な乳製品からは摂ることができない特別な乳酸菌です。

「カルピス」の研究を起源にもつ特別な乳酸菌…!普段摂っている乳酸菌とは違うんですね。アレルギーにもいろいろな症状がありますが「L-92乳酸菌」はどのアレルギー症状に期待できるのでしょうか?

勘里:

「L-92乳酸菌」は、8週間の継続的な摂取で、アトピー性皮膚炎や花粉症、通年性アレルギー性鼻炎の症状を改善することが確認されています。近年、アトピーや花粉症などアレルギーを発症する人が増えてきているということもあり、アレルギーに悩む方々のチカラになりたいという思いで研究開発をしております。

graph

出典:Y Inoue et al:Int. Arch. Allergy Immunol.,165,247-54(2014)
【試験概要】
18歳から54歳のアトピー性皮膚炎患者49名のうち、24名に「L-92乳酸菌」を含んだ食品を、25名に「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を摂取してもらいました。通常の投薬治療は継続したまま8週間摂取してもらい、その他臨床経過を比較しました。「L-92乳酸菌」を摂取したグループでは皮膚炎重症度(SCORAD)が低下したことが確認されました。

 

アトピー、ゆらぎ肌、敏感肌が頻発する現代人に向けた「L-92乳酸菌」

生活環境が変わったり、ストレスが増えてきているといったことから、アレルギーを発症する人が増えていると聞いています。美容業界でもアレルギーとまではいわなくとも、体調変化によって肌が敏感になっていると感じる女性が多く「肌がゆらいでいる」「ゆらぎ肌」という言葉も浸透してきました。

勘里:

そうですね、季節の変わり目に体調が変化し、いつも使っている化粧品なのにピリピリ感じるなど、本来なら無害なものに刺激を感じる敏感な状態になることがあります。免疫バランスの崩れによって肌の調子がゆらいでいる可能性がありますね。また近年では、大人になってから発症するアトピーも増えてきています。なぜか肌がかゆくなる…。乾燥してカサカサしてしまう…。など、原因がわからないまま普段感じている肌トラブルの正体が、実は「隠れアトピー」だった、というケースもあります。

「隠れアトピー」ですか。大人になってから発症する場合、アトピーであることには気づきにくいですね。 アトピーや「ゆらぎ肌」のように、肌が敏感になっている多くの方は化粧品やスキンケア方法を見直しますが、それでは改善できないという声も多い気がします。

勘里:

そうですね、多くの方は目に見える表面的なケアをしますが、実は根本的な原因は「体の内側」に存在していることもあります。

肌トラブルの原因が「体の内側」に!?それはどういうことでしょうか?

勘里:

はい、アレルギー症状が出た時には、医師の指導による適切な投薬治療を受けることが重要ですが、アレルギー症状が出るということは、体の中の免疫バランスが崩れていることも原因の一つです。その免疫バランスを安定させるために重要なのが生活習慣です。

生活習慣を変えるのは一朝一夕でできるものではありません。しかし、私たちは少しでもそのサポートができるようにと「L-92乳酸菌」を開発しました。そして医師による投薬治療に加えて「L-92乳酸菌」を摂取することで、免疫バランスを整え、アレルギー症状を緩和することを確認しました。

8週間でアトピー性皮膚炎の症状が改善した実績!

「L-92乳酸菌」の摂取でアトピー症状が改善するとはすごいですね!主にどういった試験をしたのですか?

勘里:

試験は医師にご協力をいただき、クリニックで治療を受けている18歳から54歳のアトピー患者の方々に「L-92乳酸菌」の摂取をしてもらいました。すると"8週間でアトピー性皮膚炎の症状が改善する"という良い結果が出ました。

具体的には、アトピー症状において重要な皮膚炎の症状緩和が、ほとんどの被験者に見られるほどです。また、1歳~12歳の子供のアトピー患者への試験でも同様の結果が出ており、小さなお子さんにも「L-92乳酸菌」は有効であることがわかっています。

アトピーは症状がよくなることが気持ちの面や生活にかかわってくるので、患者さんにとっても良いニュースですね。

勘里:

「L-92乳酸菌」を摂ることで「外側からだけでなく内側からも明るい気持ちになった」といったお声をお聞きしたりした時が、開発者として本当に嬉しい瞬間です。

肌にとって過酷な乾燥シーズン!今年は体の内側から美を意識してみませんか?

P9130020

私たちは肌トラブルに対して、つい肌だけをケアしようと思ってしまいがちです。今回お話を聞いて体の内側からしっかりと整えることも肌に必要であることを知ってもらいたいと思いました。

勘里:

そうですね、アトピーなどのアレルギー症状に悩む方だけでなく美容を意識したい女性にも「L-92乳酸菌」のチカラをもっと知っていただきたいです。体内バランスを整えるには時間がかかるので、是非ご自分のライフスタイルにあった形で「L-92乳酸菌」を取り入れていただきたいですね。

まだまだ私たち自身が肌のためにできることはありますね。今年もそろそろ乾燥シーズンがやってきます。毎年「肌がカサカサする」「肌が敏感になる」という方は、体の内側からのケアを意識してみましょう!

ブランド情報:

100年の歴史を持ち、日本人にとって誰もが親しんだことのある「カルピス」。
「L-92乳酸菌」は、日本初の乳酸菌飲料「カルピス」の長年の研究に由来する独自の乳酸菌。

正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」。

臨床試験でも8週間でアトピー性皮膚炎の症状に改善が見られるという実績を持ち、アレルギー改善が期待できる注目の乳酸菌として、体の中からバランスを整え、健やかな毎日をサポートします。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー