スキンケア大学 メンズスキンケア大学

「B.A グランラグゼIII」がスキンケアの未来を見せてくれる

更新日:2019/10/21

ポーラでは、脳科学発想の新商品「B.A グランラグゼIII」を2019年11月1日に発売します。「好奇心に満ちた生き方を美しさに変える」という新商品のコンセプトや開発の背景などを「B.A」ブランドのブランドマネージャー 高橋さんにお伺いしました。

新商品は、脳科学をベースにしたスキンケアが特徴

polaba01

株式会社ポーラ
B.Aブランドマネジメントチーム
ブランドマネージャー 高橋 佐和子 さん

御社の最高峰ブランド「B.A」から新たに発売される「B.A グランラグゼIII(ザ サード)」は、どのような特徴を持った商品なのでしょうか?

高橋:

2019年11月に発売される「B.A グランラグゼIII(ザ サード)」は「好奇心に満ちた生き方を美しさに変える」というコンセプトで生まれ変わります。 B.Aブランドの最高峰アイテムとして、最先端科学の見地から「美のメカニズム」を追究しました。

コンセプトの基となっているのは「好奇心を抱くと脳からメッセージ物質(神経伝達物質)が送られ、肌の細胞がそれをキャッチし肌の弾力を生み出す」というメカニズムです。「B.A グランラグゼIII」は、そのメカニズムの考え方をベースに開発された商品となっています。

「好奇心」をキーワードに新商品を開発!

そこからどのようにして「好奇心に満ちた生き方を美しさに変える」という発想を思いつかれたのですか?

高橋:

「B.A」ブランドでは、ふたつの思想を大事にしています。ひとつは「細胞のチカラをより引き出していくことができるスキンケア商品の開発」です。

「B.A」のブランド名は、バイオアクティブ(Bio-Active)理論の頭文字を取ってネーミングをしたものなんです。私たちは、生命科学の最先端理論を取り入れて商品開発を進めていくことで、新たな発見や技術革新を生み出してきたと言えます。これは、私たち「B.A」ブランドがずっと大切にしてきたものづくりの指針でもあり、ゆずれないこだわりでもあります。

そして、もうひとつ「B.A」が掲げている思想が「肌領域を超えて生命美を追求していく」という、将来目指していくべきブランドの方向性を示したものづくりの考え方です。そして、この思想に触発されて「好奇心に満ちた生き方を美しさに変える」という「B.A グランラグゼIII」の商品コンセプトが生まれました。

「生命美」というのは「生き方の美しさ」でもあります。そうした観点から各界で活躍されている方など、たくさんの方からお話を伺い、私たちがイメージする「美しい生き方の姿」というものを明確にしていきました。

「好奇心」は多くの方にとって人生を切り拓いていく原動力になっており、そうした人との出会いを通じて私たちも「好奇心に満ちた生き方は素敵だな」と考えるようになっていきました。そして「好奇心」というキーワードを発展させ「生命美」と結びつけていくことで「好奇心に満ちた生き方を美しさに変える」という商品コンセプトをつくりあげていきました。

科学的なアプローチで、新技術を創造していく

polaba2

実際に、そうしたコンセプトをどのように商品に落とし込んでいったのでしょうか?

高橋:

「B.A グランラグゼIII」は、肌とはまったく関係ない発想から生まれてきた商品です。私たち企画担当が最初に研究員と会ってコンセプトを話したときも、あまりにも突飛過ぎる発想だったため、困惑した表情を浮かべていました。しかし、話し合いを重ねていくなかで、徐々に「これが化粧品にできたら面白い」と思ってもらえるようになり、研究をスタートさせました。

まずは脳科学の観点から「好奇心と脳の関係」を解明していくことに着手しました。すると、好奇心が高まっていくことで、脳から神経伝達物質がさまざまな臓器や細胞に放出されるらしい、ということがわかってきました。

そして細胞生物学的なアプローチで神経伝達物質が肌に及ぼす影響を調べていくなかで「好奇心が高まると肌の弾力が高まっていくらしい」ということが見えてきました。fMRIを使って脳の活動部位を検証し「肌の触り心地と好奇心の関係」を調べていくなかで「弾力が高まった肌に触れると好奇心が高まっていくらしいこと」もわかってきました。

「好奇心と肌の弾力の間に、お互いを高め合うサイクルが働いているようだ」という考え方を科学的に研究し、そのサイクルを高めるために、神経伝達物質をキャッチする肌細胞の受容体を増やしていく化粧品素材を見つけ出し、その素材をもとにつくりだしていった商品が「B.A グランラグゼIII」になります。

「好奇心」や「生き方」が、美しさをつくる!

2019年11月1日の発売を前に、今どのようなことを感じていらっしゃいますか?

高橋:

「好奇心」と「脳科学」というこれまでとは違った発想で美を考えていくことで、今までになかった新しいアプローチのスキンケア商品をつくりだすことができたと思っています。こうした「肌領域を超えた発想で研究を進め、商品開発を行っていくことというのは、スキンケア商品づくりの未来の姿である」と私たちは考えています。

これまで、好奇心や生き方に美しさは関係がないものとして考えられてきました。今でも多くの方がそのように考えられていらっしゃると思います。しかし「B.A グランラグゼIII」を通じて「好奇心に満ちた生き方を美しさに変える」という考え方に触れていただき「もしかしたら、自分の生き方に合った商品なのかもしれない」と思っていただけたらうれしいですね。

polaba03

ブランド情報

B.A グランラグゼは、ポーラ最高峰の美容液として、2006年に誕生しました。
3代目となるB.A グランラグゼⅢは「好奇心」を感じたときに脳がもたらすメッセージ物質と、お手入れをするときに肌に触れることで感じる「好奇心」のサイクルに着目。

「好奇心」にあふれ、変化やチャレンジに富んだ生き方で自分の世界を拡げ続ける「美しい人」に向けて、新たな脳科学発想スキンケア理論を提唱します。

https://www.pola.co.jp/brand/ba/grandluxe/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー