スキンケア大学 メンズスキンケア大学

持田ヘルスケアの「ものづくりに対する想い」に迫る!

更新日:2019/11/29

持田ヘルスケア株式会社では、低刺激性スキンケアの「コラージュ」や沐浴剤の「スキナベーブ」など、皮膚科学に基づいたスキンケア商品を開発しています。同社のものづくりに対する想いやこだわりを、マーケティング部長の瀧澤さんにお聞きしました。

現場のニーズから、ブランドづくりをスタート

mochida01

持田ヘルスケア株式会社
マーケティング部 部長 瀧澤 輝之 さん

御社では「コラージュ」や「スキナベーブ」などのスキンケアブランドを展開されていますが、これらのスキンケア商品の開発はどのように始められたのですか?

瀧澤:

私たち持田ヘルスケアは、持田製薬のヘルスケア部門が起源になっている会社です。持田製薬は1913年に創業し「先見的独創と研究」という社是のもと、付加価値の高い医療用医薬品を開発してきました。

そうした製薬事業を展開していくなかで「現場のニーズをもとに付加価値の高いヘルスケア商品を開発していきたい」という想いを抱くようになり、1970年にヘルスケア部門を発足し、水が無くても身体を清潔にできる清拭剤「スキナ」を開発しました。

さらに同年、専門家からの「赤ちゃんを洗うときに滑りにくい沐浴剤がほしい」というニーズに対応した「スキナベーブ」を開発しました。そして、1980年には専門家やお客さまからの「敏感な肌で困っている方に合ったスキンケア商品がほしい」というご要望にお応えし、低刺激性スキンケア「コラージュ」シリーズを開発しています。以来、現場の方からさまざまなご意見や、肌トラブルでお悩みの方々からのご要望も受け止めながら専門知識に基づいたスキンケア商品を開発してきました。

2004年には、持田製薬株式会社の子会社として持田ヘルスケア株式会社が発足しました。現在も製薬会社グループの一員としてスキンケア商品の開発に取り組んでいます。

皮膚科学に基づいた商品開発がブランドの特徴

スキンケア商品を開発していくなかで、どのようなことを大切にしながらものづくりを行っているのでしょうか?

瀧澤:

私たちの会社は製薬会社グループの一員としてスキンケア商品の開発・製造・販売を行っている会社です。ですから、製薬会社グループの知見や皮膚科学に基づいた、こだわりのある商品を開発しています。「商品を通じて、お客さまのQOL(Quality Of Life)に貢献し笑顔を提供していきたい」という想いを大切にしながらものづくりを行っています。

お客さまのQOLに貢献していくためには、お客さまに喜んでいただける商品をつくっていかなければなりません。1980年に低刺激性スキンケアの「コラージュ」シリーズを開発したときも、肌の乾燥でお悩みの方に向けた商品をつくりだしていくため、専門家やお客さまのご意見をもとに「肌に負担をかけないこと」を考え、当時としては珍しい低刺激性・無香料・無着色にこだわった商品づくりを進めました。

肌のうるおいを保つという点では、日本でもかなり早い段階で薬用化粧品に水溶性コラーゲンを配合しています。以来、敏感肌・乾燥肌の方々の悩みに寄り添いながら商品づくりを行っています。

お客様に喜んでいただける商品をつくり続けるために

mochida02

2019年8月に「コラージュ」をリニューアルし「リペアシリーズ」を発売されていますが、このリニューアルも「肌の乾燥で悩んでいる方に喜んでいただける商品をつくっていくため」に行われたのでしょうか?

瀧澤:

そうですね。スキンケア商品を開発していくためには、いろいろな成分の中から商品に配合するものを選びだしていくのですが、そうした成分の選出を行うときも、私たちの会社では目新しさを優先するのではなく「安全性が高く、有用な成分を配合し、お客さまに喜んでいただける商品を作る」ことを考えながら選定を行っています。

今回のリニューアルでは敏感肌で起こりがちなバリア機能低下による「肌あれの負の連鎖」に着目し、有効成分としてトラネキサム酸、保湿成分として浸透型セラミドを選択しました。

また「敏感肌マネジメント」をコンセプトにリニューアルしています。「敏感肌マネジメント」とは「ゆるがない肌を目指して、日常的に敏感な肌や乾燥肌のお手入れを行っていくこと」を意味し、肌あれや乾燥に対し「先回りケア」をすることで防ぎ、日々のお手入れの継続による「習慣ケア」で肌のバリア機能をサポートするという考え方です。

そして、使用感にもこだわりました。心地よい使用感を楽しんでいただけるようなスキンケアシリーズになっています。

mochida03

商品を通じて、お客さまと信頼を構築することが大切

「持田製薬グループの強み」というお話がありましたが、具体的にはどのような優位性なのでしょうか?

瀧澤:

お客さまと信頼を構築するために、製薬会社グループとして情報発信を行えることは、私たちの会社の強みであると考えており「皮膚科学に基づいた正しい情報を提供する」という考え方でお客さまにしっかりと発信することを心掛けています。

スキンケア商品というのは、自分の肌に合った商品を使用することが重要だと私たちは考えています。ですから、私たちとしてもお客さまが自分に合った商品を選ぶことができるように、正確な情報を発信していかなければならないと思っています。長く使っていただける商品をつくっていくことで、お客さまとの信頼関係をより強固なものにしていきたいですね。

ブランド情報

敏感肌や乾燥肌で悩んでいる人も、気持ちよくスキンケアを続けられるように。

私たちはおよそ50年に渡り、皮膚科学に基づいて敏感肌の研究を続けてきました。
コラージュリペアシリーズは、そんな製薬グループ会社ならではの知見を活かし開発された低刺激性スキンケアシリーズ。

敏感肌に悩んでいる人を、洗顔から保湿まで、トータルでサポートします。
敏感肌マネジメントで、ゆらがない肌めざしませんか。

https://www.collage.ne.jp/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー