スキンケア大学 メンズスキンケア大学

オーガニックの先に広がる価値を届けるWELEDA JAPAN(ヴェレダ・ジャパン)

更新日:2019/12/17

ナチュラルコスメやオーガニックコスメが好きな人なら、WELEDA(ヴェレダ)の製品を手に取ってみたことがあるのではないでしょうか?その独自の世界観について、もっと知ってみたいと思いませんか。今回はヴェレダ・ジャパンの樽井さんに、同社の哲学や社会的取り組み、日本における独自の展開などをお聞きしました。

WELEDA(ヴェレダ)の歴史と日本における展開

weleda01

株式会社ヴェレダ・ジャパン
取締役 樽井 一夫 さん

まずはWELEDA(ヴェレダ)の成り立ちについて教えてください。

樽井:

WELEDA(ヴェレダ)は、1921年にスイスで誕生したホリスティックなオーガニックコスメを開発・製造しているグローバル企業です。当初から「人と自然の調和」を目指し、美しく健全であり続けることを追求しています。

日本での展開は、今から43年前になります。オーガニックコスメを扱う株式会社ネイチャーズウェイが、ヴェレダ本社から石けんを輸入して販売したのがきっかけです。その後、ネイチャーズウェイとヴェレダ本社が合弁会社として1999年6月にヴェレダ・ジャパンを設立し、現在に至ります。

2021年にはヴェレダが誕生して100周年を迎えます。私たちヴェレダ・ジャパンも100周年に向けていろいろな準備をしていますが、海外ではすでに新しい取り組みも行われています。その一つが「You are Nature.」というコンセプトで行っているプロモーションです。

ヴェレダはこれまでも「人間は自然の一部です」と投げかけてきましたが「You are Nature.」ではその考えを新しい切り口で表現しています。環境破壊が懸念される現代ですが、もう少し自然をリスペクトし、自然からナチュラルなものを取り入れましょう、というメッセージですね。

「自然と調和する」ためのさまざまな取り組み

単にオーガニックな化粧品を作るだけでなく、環境にもやさしい企業であることを目指しているということですか?

樽井:

そうです。近年、国連主導でSDGsと言われる持続可能な開発目標が設定されましたよね。そこで掲げられた「17の目標」は、ヴェレダではもうすでに実行しています。

たとえば、発展途上国の原材料を適正価格で継続して購入し、現地に暮らす生産者の生活環境を改善する「フェアトレード」という仕組みがあります。ヴェレダは中南米や東欧など世界各地で、このフェアトレード・プログラムを展開しています。

最近ではヤシ油の需要が世界的に増え、インドネシアの野生オラウータンの生息地が危機にさらされて問題になりました。ヴェレダはインドネシアでヤシを計画的に栽培し、計画的に原料へと移行するサスティナブルな活動を推進。さらにオラウータンの保護団体も作り、環境保護に努めております。

また、製品を作る各地の工場も順次、クリーンエネルギーへの転換を進めています。ちなみにヴェレダ・ジャパンの一部の製品は日本製で、ネイチャーズウェイの名古屋工場で生産しているのですが、この工場では使用電力を100%自然由来のエネルギーでまかなっています。

weleda02

機能性を求めたうえでのオーガニックコスメ

徹底されていて素晴らしいですね。商品についても、どんな特徴があるのか教えてください。

樽井:

国内でもオーガニックコスメは徐々に広まりつつありますが、まだまだ「肌にやさしいだけのコスメ」というイメージなのではないでしょうか。私たちは「機能性を求めたうえでのオーガニックコスメ」であるべきと考えています。

ヴェレダは「自然をもっともよく理解しているブランド」との自負があります。ナチュラルな原材料や成分を上手に掛け合わせることで、より機能性の高いコスメ、エビデンスを掲げたコスメをお届けすることができるのです。

2019年11月に発売したばかりのざくろ モイスチャーローションなどは、その代表例ですね。ざくろというと、エイジングケア*に役立つ果物という印象をお持ちの方も多いと思います。それだけでなくヴェレダはこのざくろ果実エキスに、アクアポリンという水のめぐりに関わる物質をサポートする働きがあることに着目したのです。

さらに乾燥による小じわを目立たなくする効能評価試験もクリアし、ハリやツヤ不足が気になる方におすすめできる商品となりました。

※年齢に応じたケア

効果を実感でき、ライフスタイルに取り入れやすい製品づくりを

ブランドを展開していくにあたり、なにか課題と感じていることはありますか?

樽井:

ヴェレダの商品は現在、日本全国の百貨店やバラエティストア、当社ヴェレダ・ジャパンの公式オンラインショップでお買い求めいただけます。ただしネットの場合、並行輸入品を扱うECサイトにたどり着かれるお客様もいらっしゃいます。

並行輸入品は海外から独自ルートで輸入されており、製造年月日や保管状態などの面で、品質を担保できないものもあります。こうした非正規品は後を絶たず、お客様にご迷惑をおかけしている状況です。

ヴェレダ・ジャパンではお客様が安心してご購入いただけるよう、徹底した品質管理のもと責任をもってヴェレダ製品の輸入・検品を行い、販売しております。正規品のラベルに「株式会社ヴェレダ・ジャパン」と記載しています。さらに日本限定商品や日本独自のコフレセットを増やす、サービスを充実させるなどのさまざまな取り組みをしていますので、ぜひご理解いただければと思います。

最後に、この記事を読んでいる消費者に向けてメッセージをお願いします。

樽井:

これからは「オーガニックな製品だからいいですよ」ではなく、お客様にその効果を実感していただけるような商品づくりが求められると感じています。内容もさらに充実させていきますので、引き続きご注目ください。

また、ヴェレダは決してスキンケアやボディケアだけのブランドではありません。ベビー&ママやメンズ向けの商品、よい香りに癒される商品、インナーケア商品などもラインナップしており、ライフスタイルに合わせて取り入れていただけます。

どれでも身近なものからヴェレダというブランドを知って、そこから広がる世界を体験していただけたらうれしいですね。

weleda03

ブランド情報

自然をひもとき、あなたの美しさへ
ヴェレダは1921年、ルドルフ・シュタイナーと医師たちによってスイスで誕生しました。自然療法にもとづく医薬品、オーガニック化粧品や健康食品へと発展し、100年近くにわたり一貫して自然と植物にこだわった製品づくりを続けており、世界50か国以上で信頼を得ています。ヨーロッパでは自然医薬品メーカーとしても名高く、化粧品においても薬と同じ厳格な基準で製造開発をしています。

https://www.weleda.jp/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー