スキンケア大学 メンズスキンケア大学

肌の状態が気になったらぜひ「ニールズヤード レメディーズ」に相談を!

更新日:2019/12/25

オーガニック先進国イギリスからやってきた「ニールズヤード レメディーズ(NEAL'S YARD REMEDIES)」。独自の視点から「健康と美しさとは何か」を捉え、商品を展開しています。今回は、ブランドの成り立ちやブランドを代表するアイテム、会社が大切にしていることなどを、同社の杉山さんにお伺いしました。

ロンドン中心部で自然薬局店としてスタート

NY01

株式会社ニールズヤード レメディーズ
取締役 杉山 佐枝 さん

まずはブランドの成り立ちから教えていただけますか?

杉山:

ニールズヤード レメディーズは、イギリス発祥のブランドです。1981年にロンドン中心部で、イギリス初のナチュラルアポセカリー(apothecary:薬局)としてスタートしたのが最初です。

当時はカウンターの後ろに薬瓶がずらりと並んだ店内で、創業者であるロミー・フレイザーがお客様一人ひとりの状態に合わせて良質なハーブやアロマをブレンドしていました。そのなかに、洗って肌をうるおすオーガニックなスキンケアアイテムもあったのです。

ニールズヤードでは、今でも化粧品だけではなくエッセンシャルオイルやハーブティーなどを扱っていますよね。

杉山:

はい。日本では美容というと表面的なものと捉えられがちですよね。でもイギリスでは「健康であることが美しいこと」という考え方が浸透しているんです。口から取り入れるハーブや、嗅覚に訴えるアロマもすべて、美と健康をサポートするためのアイテムなのです。

いまでこそ日本の美容業界でもホリスティック(holistic:全体的な、包括的な)という言葉が知られるようになってきていますが、イギリスではもうずっと以前から一般的だったということです。実は、弊社のブランドロゴにも、その理念が表現されているんですよ。樹木が私たちに見えている部分で、根の部分がインナービューティ。大きな樹というのは、枝と同じくらい大きな根を土の下に張り巡らせているものです。きちんと根を張っていないと美しく自立することができないのは、人間の身体と一緒なんです。

オーガニックで肌への効果も満たしたフランキンセンスシリーズ

イギリス国内で事業が成長し、34年前に日本に上陸した当時も化粧品以外のアイテムを揃えていたのですか?

杉山:

そうですね。日本上陸当時の化粧品のアイテム数は本当にシンプルでした。洗顔料とハーバルウォーター、クリームくらいのラインナップだったと思います。

日本で私たちの化粧品を一躍有名にしたのは、おそらくフランキンセンスシリーズのインテンスクリームではないでしょうか。オーガニックコスメでありながら、ハリ・ツヤ・うるおいの効果実感をかなえた集中保湿クリームで、日英合わせてビューティアワードを14冠(※)、いただいているんです。

フランキンセンスとは、厳しい乾燥や温度差、紫外線にさらされる砂漠に生育する樹木から採取したオーガニックな樹脂から採れる精油のことです。ニールズヤード レメディーズはその豊かなスキンケア効果に着目し、1983年に世界で初めて化粧品に取り入れました。

以来、フランキンセンスシリーズは年齢を重ねた肌のお手入れはもちろん、ハリやうるおいが欲しい方、キメを整えたい方、毛穴が気になる方…など、幅広い女性に愛されており、ブランドを代表するベストセラーに成長しています。

※2015年6月までの受賞実績

NY02

よりよい提案をするためのカウンセリングも実施

店舗では、どのような点にこだわって接客をされているのですか?

杉山:

雑誌などで見かけた製品を指名買いする方もいらっしゃいますが、基本的にスタッフがお客様の状態をカウンセリングしながら最適なものを提案しています。私たちのスタッフは何気ない会話のなかから、問題や解決策を探し出すことが本当にうまいんです。

たとえば「最近肌の調子がよくなくて…」という方には、保湿クリームを提案するケースもあれば、ゆっくり眠れるようにアロマを提案するケースもあります。さきほど「健康であることが美しいこと」とお話ししたとおり、外側のケアと内側のケアを切り離して考えないのがニールズヤード レメディーズの特徴なんです。

他にも、それまで使っていた化粧品が肌に合わなくなり「オーガニックコスメなら肌にやさしいのでは」と来店される方もいます。でも植物のパワーって実はすごく強いんですよね。「自然だから大丈夫」ということはないので、必ずお客様の状態をヒアリングし、製品を理解して使っていただくようにしています。

正しい情報を伝えることも大切なのですね。

杉山:

きちんと効果を実感するには、正しい使い方を理解していただくことが重要です。たとえば精油ってとてもよい香りがしますが、肌に直接つけたら危ないですよとか、そういう初歩的なこともありますよね。

オンラインショップではカウンセリングはできませんが、正しい使い方など情報を順次、追加しています。ネットで購入された方だけでなく、店頭で購入された方が帰宅後「どう使うんだっけ?」と振り返る場所としても、今後コンテンツを充実させていけたらいいですね。

皆様の肌をすこやかに保つためのサポーター役に

今後、ブランドとしてどのようなことを伝えていきたいとお考えですか?

杉山:

私たちはオーガニックにこだわるブランドとして、原料選びは大切にしています。そのため、世界最古のオーガニック団体である英国ソイルアソシエーションから認定を受けた原料を使用しています。一方で厳しい自然を生き抜く野生植物のパワーを商品づくりに活かすために、あえてオーガニック非認定原料を選択することもあるんです。こういったこだわりがあることも、知っていただけると嬉しいですね。

また、アフリカやアジア、中南米など世界各地の生産者とのフェアトレード・パートナーシップも大切にしており、商品を作るファクトリーは資源を無駄なく活用できるよう、省エネ化を徹底しています。そして、使用済みブルーボトルの回収運動にも力を入れています。こうした地球環境にやさしい取り組みを行っていることも、きちんとお伝えしていきたいですね。

ありがとうございます。最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

杉山:

情報が氾濫する時代ですが、あまり惑わされず過ごしていただきたいなと思います。肌の状態って、いつも観察しているその方自身が一番よく理解しているはずなのです。それでも「今必要なものって何だろう?」となったときに、相談できるブランドがあればいいのではないでしょうか。

日頃から肌とよく対話をして、よい状態を保つための方法を見つけていただけると良いと思います。ニールズヤード レメディーズも、すこやかな肌づくりのサポーターとしてみなさまにお役立ていただけたらうれしいですね。

ブランド情報

「すべては自然の力で」

1981年、ロンドンの中心部コヴェントガーデンに英国初のナチュラルアポセカリー(自然薬局)をオープン。以来30年以上にわたり、植物が持つ自然の力を存分に引き出したエッセンシャルオイル、ハーブティなどをはじめ、ハーバルサイエンスを活かしたナチュラルスキンケアまで提供。
フランキンセンスを世界で初めて化粧品に採用し、研究開発を重ねた結果、オーガニックの力を実証するべく数々のビューティアワードを受賞、現在も多くの顧客に愛されている。

https://www.nealsyard.co.jp/onlineshopping/newsupdate/index_frankincense.html

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー