スキンケア大学 メンズスキンケア大学

京都発ナチュラルコスメ「VINTORTE(ヴァントルテ)」の誕生ストーリー!

更新日:2020/03/13

株式会社オズ・リンク アンドスタイルでは、京都生まれのナチュラルコスメブランド「VINTORTE(ヴァントルテ)」を展開しています。今回は、商品開発を担当し、ブランドの生みの親でもある同社の三吉さんに、ブランド誕生の背景や、ものづくりのこだわりについて伺いました。

個人の想いからブランドをスタート!

oz01

株式会社オズ・リンク アンドスタイル
ブランド担当 三吉 愛子 さん

「VINTORTE(ヴァントルテ)」は、どのような背景から生まれたブランドなのですか?

三吉:

「VINTORTE(ヴァントルテ)」は、私の想いと、社員の想いを受け入れる会社の土壌、そして京都の土地柄という3つの要素が融合することで生まれたブランドです。私は子供の頃から肌トラブルを抱えており、なかなか自分に合ったコスメを見つけ出すことができずにいました。そんな肌トラブルに悩んでいたころにミネラルコスメと出会ったのですが、当時は海外のミネラルコスメしかなく、私の肌に本当に合うとは言い切れない商品でした。

そこで、日本人の肌に合うミネラルコスメがないのであれば、自分でつくっていくしかないと思い、自分でミネラルを取り寄せて、手づくりでミネラルファンデーションを手作りしていました。そうして、自分に合ったコスメを自分でつくり、自分のために使っていたのです。

しかし、それはあくまで個人的なコスメづくりです。当時、私は株式会社オズ・リンク アンドスタイルの母体である株式会社オズ・リンクで、webデザイナーとして通販サイトなどのデザインを手がけていました。オズ・リンクは、webを使ったマーケティングの支援を行っている会社です。

そこで、オズ・リンクが持っている商品を発信していくチカラと、私が個人的に行ってきたミネラルファンデーションづくりの経験を融合させていくことで、肌トラブルで悩んでいる方をサポートできないかと考え、社長にブランドの立ち上げを提案しました。私の想いを社長に理解していただき、新会社のオズ・リンク アンドスタイルを立ち上げ、商品開発を進めていきました。

京都の伝統的な知恵をものづくりに活かす

oz02

京都の土地柄との融合というのは、どのような意味なのでしょうか?

三吉:

私が手づくりコスメを使用していたときから感じていたことですが、ミネラルファンデーションというのは肌にやさしいコスメである一方、塗ったパウダーが乾燥しやすくカサつきを感じてしまうという難点がありました。お客さまにミネラルファンデーションを商品として提供していくためには、まずその問題点をクリアにしていかなければならないと感じました。

そこで着目したのが、京都の舞妓さんです。私たちの会社は京都の会社で、普段から舞妓さんを目にしていたのですが、舞妓さんはメイクをしているときもメイクを取ったあとも、きれいな肌をしていました。京都の伝統的な言葉に「舞妓さんは絹でつくった玉の肌」という言葉があります。調べてみると、メイク前とメイク後に絹の布で肌を磨くという習慣があることがわかってきました。

「もしかしたら舞妓さんの習慣が、問題をクリアにするヒントになるのかもしれない」と思い、早速ピュアシルク*を配合してみたところ、しっとりとした質感をつくりだすことに成功しました。そうして、肌へのやさしさを追求しながら、ファンデーションとしてもお客さまに喜んでいただける商品づくりを進めていきました。

ミネラルファンデーションなのにしっとりしているものは、今までになかった新しい感覚の商品です。京都の伝統的な知恵から、新しい発想のナチュラルコスメを生み出すことができ、私たちらしいものづくりを行えたと感じています。

*保湿成分

水にこだわってスキンケア商品を開発!

「ヴァントルテ」ブランドとして、スキンケアシリーズも展開されていらっしゃいますよね。

三吉:

そうですね。「ヴァントルテ」のはじまりは、自分の肌に合う商品がほしいという私の想いからでしたが、肌へのやさしさを追求していくことは、「ヴァントルテ」の基盤となる考え方でもあるのです。

「肌トラブルを抱えている方に合った商品をもっとつくっていきたい」という考えから、スキンケア商品の開発を手掛け、まずは水を選ぶことから始めました。スキンケア商品の成分は、水が80~90%を占めています。そのため、商品のベースとなる水を重視して、温泉水や海洋深層水など、さまざまな水をリサーチしていきました。

そして、開発の過程で私たちが選び出したのが、植物のエキスをベースとしたボタニカルウォーターです。ボタニカルウォーターは水自体が高い保湿力を持っており、水質が柔らかいという特徴があります。香りを楽しむこともできますし、植物のチカラを生かして、肌本来の美しさを引き出していけることや、保湿力や使い心地の良さも考えてボタニカルウォーターを配合することにしたのです。

自分に合った商品が見つかるブランドに!

oz03

今後も、肌へのやさしさを追求しながら、新しい商品を開発されていくのですか?

三吉:

肌へのやさしさを追求していく姿勢は、今後も変わることはありません。「ヴァントルテ」ブランドの商品を愛用してくださるお客さまは、敏感な肌の方が非常に多く、私たちとしても「自分の肌に合った商品が見つからない」と困っている方を、少しでも減らしていくことができたらと考えています。

「ヴァントルテ」は当初、通販のみでの販売でしたが、「自分の肌に合った商品なのかわからないから、試してから購入したい」という声をたくさんいただき、店頭での販売をスタートさせました。実際に自分の肌で確かめていただいたうえで、商品を購入してもらえる仕組みづくりにも力を入れています。

自分の肌悩みに合った商品を見つけることができない、と困っている方は、まだまだたくさんいらっしゃいます。今後もラインナップの拡充を図っていくことで、「ヴァントルテであれば、自分の悩みに対して適切なサポートをしてくれる商品がある」と思っていただけるブランドにしていきたいですね。

ブランド情報

ヴァントルテは、素肌をはぐくむ。美しさを引き出す、京都生まれのナチュラルコスメとして2011年に誕生しました。

ヴァントルテが大切にしたいことは、多くを塗り重ねた美しさではなく、肌が生まれながらに持っている、美しさを引き出すことです。ミネラルや植物の力を味方につけて、「肌本来の美しさ」を引き出し、あなたのキレイを目覚めさせます。

ミネラルと植物の力で、あなたの肌は、今よりもっと美しくなれる。

https://www.vintorte.com/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー