スキンケア大学 メンズスキンケア大学

誠意のある商品作りから生まれたジェルタイプ炭酸クレンジング「KINULE」

更新日:2020/03/17

低刺激で洗浄力のあるクレンジングが欲しいという女性たちの声に応えて誕生した「KINULE(キヌレ)」の炭酸クレンジング。会社のものづくりに対する想いや商品について、株式会社エスジーアイテムの小川さんにお話を伺いました。

本当にいいと思うものを作り、それを正しく伝えたい

kinure01

株式会社エスジーアイテム
小川さん

まずは、「KINULE(キヌレ)」が生まれた背景について教えていただけますか?

小川:

以前スタッフ同士で「どんな商品があったらいいか」という話をしていた際に、化粧品の話になりました。その中でも「クレンジングを作りたい」という声が多く、なかなか自分たちが納得いくクレンジングに出会えなかったり、思ったより価格の高い商品ばかりが目に付くというところも話題に上がりました。

そこで、自分たちが作るなら本当に良いものを作って消費者の方たちに届けようということになりました。それが2017年頃です。

今回お話させてもらう「KINULE(キヌレ)」はそうした私たちの想いから生まれたブランドなので、大げさな広告をわざわざ出して販売するということに関心はありません。こだわって作った分、商品には自信があるので、きちんとその良さを分かってもらえるように伝えること以外はしなくていいと思っています。

「KINULE」というブランド名には、「絹のように」という意味を持たせています。しなやかで強さもあり、光沢もあり、触れた際の心地よさもある絹のような肌が、女性が持つ本来の美しく健康的な肌だと考えています。そのような肌作りのお手伝いをしていきたいです。

重曹や炭を用いた肌にやさしい炭酸クレンジングを開発

現在ある「KINULE」の商品は、クレンジングだけなのですか?

小川:

はい。私たちはスキンケアの中で、クレンジングが一番大事だと思っています。どんなに質の良い化粧水や美容液を使っていても、きちんとクレンジングで汚れを落としていないとせっかくの良さが肌に届きません。

ベースになる素肌がキレイであることが何より重要だと考えています。洗顔もゴシゴシ洗ったり、洗浄力が強すぎると肌を傷つけたり、乾燥がひどくなったりします。そこでまず、肌に負担をかけずにきれいに汚れを落とすクレンジングが重要だと思い、開発に着手しました。

具体的な特徴などを教えてください。

小川:

「KINULE」は、炭酸の力を借りた洗顔クレンジングです。テクスチャーはジェルですが自発的に発泡し、肌の汚れを浮かせて取り除きます。また、独自の美容成分を配合しているので、肌のコンディションも整えることが期待できます。その美容成分を劣化させないよう、容器も高度な設計になっています。

「炭酸」に着目したのはどうしてですか?

小川:

以前から、炭酸美容に関しては注目されていましたが、どうしても肌が敏感な人には少し刺激が強すぎる、などの問題がありました。それでも、美容の面では角質層までの浸透作用など、捨てがたい魅力的なものがありました。そこで、肌が敏感な人や弱い人にも使ってもらえるような炭酸クレンジングを作ってみてはどうかということになりました。

一般的な炭酸クレンジングは初めから泡ですが、それだと弾けるような刺激を肌に与える可能性があります。「KINULE」のクレンジングは、はじめはジェル状で、空気に触れ、肌になじませると発泡する重曹を用いたやさしいクレンジングです。炭酸ガスは使っていません。

炭を配合した微粒子の泡が汚れを吸着させて、外にかき出す作用が期待できます。そして、ナノ化した美容成分をプラチナコロイドで包み込んだ独自技術「プラチナポーション」で、美容成分を角質層まで浸透させます。また、成分の中のひとつ「Exo-P(エグゾP)」というのが、過酷な深海で生息している微生物アルテロモナスから抽出したもので、排気ガスやブルーライトなど外的ストレスから肌を守る成分といわれています。

先ほど容器も高度な設計とおっしゃっていましたが、どのような容器なのですか?

小川:

クレンジングでは珍しいエアレス容器を採用しています。チューブタイプのものとは異なり、中身が空気と触れることがないので、最後まで衛生的かつ良い状態で使い切ることができます。炭酸ガスを用いたものだと、最後にガス抜きをしなければならないものがほとんどですが、「KINULE」のクレンジングはそのような手間もかかりません。

kinure02

クレンジングが、健やかなスキンケアの第一歩と信じて

炭酸クレンジングの使用感はどのような感じなのでしょうか?

小川:

実は、私も肌が敏感なタイプでクレンジングに関しては気に入った商品がなくて困っていましたが、「KINULE」は、低刺激で肌にやさしいと感じています。肌にやさしいと洗浄力がないのではないかと思われがちですが、これは、重曹や炭の力を借りて、肌に余計な負荷をかけずに汚れを吸着してかき出している感じです。使い続けるうちに、肌の色が明るくなったと感じています。

開発にあたりいろいろ調べていると、敏感な肌の人の多くは美容液や化粧水は高額なものを使っていたり、手間をかけてお手入れしていることが分かりました。そして、意外とクレンジングに関しては手軽さや安価なものを求めていることも分かりました。

しかし、手軽さを求めると、どうしても強い成分が入ってしまいがちです。普段使用される化粧水や美容液の効果を十分に得るためには、クレンジングが重要であり、スキンケアのファーストステップであるということも伝えていきたいです。

最後に「KINULE」の今後の展開について教えてください。

小川:

「KINULE」で用いている原材料は国産のみです。今後もなるべく国産、地産地消を目指しています。消費者の皆さんに嘘をつかない、誠実なものづくりをしていきたいと思っています。

ブランド情報

KINULEの「ジェル炭酸クレンジング」はトロンとしたジェル状で、肌に伸ばしやすくメイクにもなじみやすいです。

従来の水溶性のタイプのものは、油性のポイントメイクは落ちにくいと言われていましたが、KINULEのジェルクレンジングには国産の天然重曹を配合し毛穴の奥まで汚れを浮かせ、自然にメイクを洗い落としやすくなっています。

また12種類の美容成分をKINULE独自テクノロジーで届けることで肌へのケアも期待できます。

https://kinule.com/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー