スキンケア大学 メンズスキンケア大学

年齢別オールインワンブランド「イードット(E.)」が掲げる新たな発想!

更新日:2020/05/18

10歳きざみの年齢別オールインワンブランド「イードット(E.) パーフェクトクリーム」を展開する株式会社エコットコスメ。代表取締役社長であり、ブランドの生みの親でもある川上さんにインタビューを実施し、商品開発の背景やブランドの特性について語っていただきました。

 

株式会社エコットコスメ
代表取締役社長 川上 エリカ さん

既成概念への疑問から開発をスタート!

edot01

御社では、「10歳きざみ」の年齢別オールインワンスキンケアブランド「イードット」を展開されていますが、どのようなきっかけでこのブランドを創設されたのでしょうか?

川上:

きっかけは、私がある疑問を持ったことからでした。肌は、年齢とともに変化していくものです。しかし、その頃、世の中にあるオールインワンのスキンケアは、すべての年代に向けた商品しかありませんでした。

「年齢とともに肌の状態や悩みが変わっていくなかで、全員が同じオールインワンスキンケアを使うのは疑問である」と考えたことがきっかけです。

私たちの会社の母体である株式会社ブルーム・クラシックでは、エステティックサロン向けのスキンケア商品を開発しており、ブルーム・クラシック(彩グループ)としてもエステサロンを30年以上にわたって運営してきました。

エステサロンでは、年齢別のスキンケア商品をご用意してサービスを提供しています。私たちにとって、年齢別のオールインワンスキンケアがないことに対して違和感を抱くのは、ある意味自然なことだったのかもしれません。

そういった経緯から「10歳きざみ」というブランドのコンセプトを立案し、エステサロンの発想とエステ向け商品の技術開発力を生かしてつくられたブランドという意味で、エステの頭文字のEを取り、ブランド名を「イードット(E.)」と名づけました。

グループ内で研究開発とものづくりを行う!

edot02

具体的に、どのようにして年齢別のオールインワン商品を開発していったのですか?

川上:

ブルーム・クラシックは、ふたつの大きな強みを持っています。ひとつはグループ企業が運営するエステサロンを通じて、さまざまな年齢のお客さまの肌に接してきたことです。そして、もうひとつが自社でエステ品質のスキンケア商品を開発する技術力と生産工場を持っていることです。

ブルーム・クラシックでは、社内でナノカプセルの技術開発を進めていくことが可能です。ナノカプセルというのは、スキンケア商品に使用されている浸透技術のことで、年齢別オールインワン商品の開発を進めていくなかでも、サイズの違う2種類のオリジナルナノカプセルを開発しました。

小さなサイズのナノカプセル(EFナノカプセル)には、ブランドの基礎成分となる共通成分が配合されており、大きなサイズのナノカプセル(SYナノカプセル)には年齢別の成分が配合されています。

ナノカプセルは、サイズの大きさによって浸透力が変わってきます。「イードット」ブランドの商品は浸透力の違いを利用することで、基礎成分のナノカプセルが最初に浸透したのちに、年齢別の成分が浸透していきます。

それぞれの年齢の肌に合った成分を選定し、浸透技術の研究開発にも力を注ぎながら商品の開発を進めていきました。グループ内に研究開発力と生産工場を持っていることは、私たちの会社の大きな強みだと思っています。

各年齢の好みに合ったテクスチャーを追求!

edot03

そのほかに商品づくりを行ううえで、こだわったことはありますか?

川上:

先ほど、「年齢とともに肌の状態や悩みが変わっていく」というお話をしましたが、使用感の好みも変わっていきます。「イードット」は、「10歳きざみ」の年齢別オールインワンブランドで、7種類のアイテムを展開しています。

No. 1が24歳まで、No. 2が25~34歳、No. 3が35~44歳、No. 4が45~54歳、No. 5が55~64歳、No. 6が65〜74歳、No. 7が75歳以上の方、というように「10歳きざみ」のラインアップになっています。

私の周りには80代の方にイキイキと生活され美容を探求する方も多いことから、ターゲット年齢を幅広く75歳以上の開発にもこだわりました。80代以上をターゲットにした商品は恐らく業界初かと思います。

これまでのサロン運営の経験から各年齢の好みを分析し、それぞれの年齢に合ったテクスチャーを開発しています。No. 1はプルプル感とさっぱりとしたつけ心地を重視し、ジェル形態の商品を開発していきました。No. 2からNo. 5はジェルクリームの形態を採用し、使用感はさらっとした感覚から段階的にリッチな質感へと移行していくつくりになっています。

No. 6とNo. 7はクリーム形態の商品を開発しました。使用感においても、No. 7のほうがより濃厚なクリーム感を意識したテクスチャーづくりを行っており、細かなところまで妥協を許さずに商品をつくり込んでいきました。

何度もトライアンドエラーを繰り返し、ひとつの商品につき50回ほど試作品をつくり直しながら、自分たちが納得できる商品を追求しました。7種類すべてが完成するまで、2年以上の月日をかけたこだわりのラインアップになっています。

そして何より注力したのは、リッチな中身に比したリーズナブルな販売価格です。それぞれの年齢に合わせた成分を贅沢に配合しましたが、上代価格は抑える判断をしました。

肌の状態に合わせられるブランドに!

edot04

2019年5月に「イードット」ブランドを立ち上げて、感じていらっしゃることはありますか?

川上:

私たちが考えていた以上に、お客さまにはいろいろな使い方をしていただいており、うれしい気づきをたくさんもらっています。年齢別ということでは、親子三世代で「イードット」ブランドのアイテムを3つ使っていくださる方もいらっしゃいます。

また、季節によってNo. 3を使っている方がNo. 4に変更することや、朝用と夜用で使い分けているお客さまもいらっしゃいます。アイクリーム代わりに、よりしっとりとしたテクスチャーの商品を使うなど、各アイテムの特性を理解して、そのときどきの状況に合わせて「イードット」ブランドを使用してくださるお客さまが多いようです。

この4月からは定期購入サービスをスタートしました。遠方のお母様への贈りものとして利用されるお客さまもいらっしゃいます。

違ったアイテムを組み合わせて重ねづけを行える「イードット」は年齢きざみだけではなく、自分の肌の状態に合わせて自由な使い分けができるブランドです。その点を生かし、新しいライフスタイルにおいて必要とされるであろうサービスを今期中にローンチする構想もございます。

今後も、お客さまの肌の状態に合わせて、いろいろな使い方をしていただけたらうれしいですね。

ブランド情報

女性の社会進出によるライフスタイルの変化や、子育て・家庭・介護など何かに、専念し、自分の美容にかける時間のない女性たちへ向けた年齢別オールインワン「E.パーフェクトクリーム」が誕生。

20代から80代まで、10歳きざみのオールインワンであり、エコットコスメのグループ会社がエステサロン事業で培った肌解析データやノウハウをもとに開発。すべての女性の肌が必要とする成分と、年齢によって必要とする成分を、サイズが異なる2種類のオリジナルナノカプセルに分けて配合しています。

http://www.edot-cosme.com

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー