スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

1日たった3分!コットンパックで夏のダメージを最小限に

更新日:2014/06/30

■夏のダメージを最小限に!

シミの生成だけでなく、乾燥やシワの原因でもある紫外線。8月までは紫外線量がピークなので油断大敵!紫外線は浴びるほどダメージが蓄積するので、極力直射日光を避けたいところです。

ところが100%遮断して暮らすことはかなり至難の業。避けることも大切ですが、紫外線によるダメージを最小限に止めるケアを取り入れるのがオススメ。ここでは、自宅で簡単にできるコットンパックについてご紹介しましょう。

■10分以内を目安に、使いなれた化粧水で

コットンパックとは、化粧水を染み込ませたコットンを肌の上に乗せて、水分や美容成分を肌の奥深くまで染み込ませるスキンケアのこと。ただし、方法を間違えると潤うどころか、肌にダメージを与えてしまうことにもなりかねません。

コットンパックをする際に気をつけたいのは“時間”。美容成分だからと長時間乗せたくなる気持ちもわかりますが、ある程度時間が経つとコットンは乾燥します。すると今度はコットンが肌の水分を奪おうとするのです。部屋の空気の乾燥具合にもよりますが、3分ほどで大丈夫。コットンから水分が失われ始めたら取るようにしましょう。

また、初めて買った化粧水をコットンパックに使うのもオススメできません。肌の奥深くまで浸透するので、肌に合わない化粧水だとトラブルを起こす可能性があります。普段使っていて問題のないもので行うようにしてください。

■時々のスペシャルケアより日々のコツコツケアを

上記の気をつけたいポイントを守っていれば基本的には大丈夫。洗顔後はどんどんと水分が飛んでしまうので、できるだけですぐに肌にコットンパックを乗せましょう。

水でぬらしたコットンを手で押さえて水分を抜き、さらに化粧水を含ませて数枚に裂きます。それを顔全体が隠れるように張って数分待てばOK。待ってる間にほかのケアをすれば時短美容に。

紫外線量の多くなるこの季節はお肌のダメージが想像以上です!ときどきするスペシャルケアよりも、日々のコツコツできるちょっとしたケアの方が効果を発揮しますよ。

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー