スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

吉野真未 先生

神田須田町アイクリニック 院長

吉野真未

診療可能な科目

所属・経営している病院・企業など

医療法人社団慶翔会 神田須田町アイクリニック
住所: 〒101-0041 東京都 千代田区神田須田町1-3-1 須田町ビル2階
電話番号: 03-5207-2882(ご予約優先)
URL: http://kanda-eye.com/

監修・執筆記事

得意な施術

白内障手術(多焦点眼内レンズを含む)
屈折矯正手術(LASIK、ICL)
眼瞼下垂手術

資格

医学博士
日本眼科学会認定眼科専門医
イントラレース認定医、ICL認定医

吉野真未 先生 から一言

病気について調べることは、健康に対する意識が高い証拠です。自分のことだけでなく、家族や友人の話、テレビで耳にした多くの病名をインターネットで検索すると、今は多く情報が簡単に得られるようになりました。その反面、病院に行かずに自己判断される方が多くなってきました。しかし実際の医療は、患者さんとお会いし、診察してお話しして初めてわかることがたくさんあります。目は非常に小さいですが、生活に必要な情報を得るための大切な臓器です。皆様が得られた知識を整理して、気軽に専門医を受診していただけるようなお手伝いができたらと思います。

所属学会・団体

日本眼科学会 日本眼科医会
日本眼科手術学会 
日本白内障屈折矯正手術学会
ARVO(The Association for Research in Vision and Ophthalmology)
AAO(American Academy of Ophthalmology)
ASCRS(American Society of Cataract and Refractive Surgery)
ESCRS(European Society of Cataract and Refractive Surgeons) 

経歴

1994年東海大学医学部卒業後、慶應義塾大学医学部眼科学教室へ入局し、慶應義塾大学病院にて研修を受ける。国立霞ヶ浦病院、佐野厚生総合病院、大和市立病院にて救急から一般外来まで幅広い診療を担当し、地域医療に従事。慶應義塾大学病院に帰室し、水晶体・屈折矯正外来担当となり、白内障とLASIKに関する専門的な知識と技術を習得。その後、東京歯科大学水道橋病院助教として多焦点眼内レンズについて研究を行い、学位取得。最新の眼内レンズ(多焦点レンズ、乱視用レンズなど)、白内障手術(フェムトセカンドレーザーを用いたものも含む)や屈折矯正手術(LASIK、ICL挿入術)について研究、執刀する一方、炭酸ガスレーザーを用いた眼瞼下垂手術も導入し、専門分野以外の眼科医療全般について多くの症例を担当する。大学退職後、よりわかりやすい眼科医療を提供するべく、医療法人社団慶翔会両国眼科クリニックを経て、2016年医療法人社団慶翔会神田須田町アイクリニックを開院。