ヘルスケア大学TOP>

外反母趾に負けない!歩くのがラクになるシューズ選びと足指体操

外反母趾に負けない!歩くのがラクになるシューズ選びと足指体操

外反母趾に負けない!歩くのがラクになるシューズ選びと足指体操~ヘルスケア大学ドクタータイアップ~ 外反母趾に負けない!歩くのがラクになるシューズ選びと足指体操~ヘルスケア大学ドクタータイアップ~SP

ハイヒールだけじゃない外反母趾の原因

監修ドクター
青山整形外科クリニック 院長 柳本澄孝 先生

柳本澄孝 先生

青山整形外科クリニック 院長

「歩くたびに親指が痛い」「親指の形が変かも?」と感じたら、外反母趾かもしれません。痛みをガマンしてやりすごしていると、症状が悪化していきます。颯爽と楽しく歩き続けるために、外反母趾の原因を知り、悪化を防ぐ対策を始めましょう。

親指の角度が気になったら要注意

外反母趾は親指の角度が内向きに20度から30度まで曲がった状態

毎日の出勤や休日のおでかけなど、足に痛みがあると歩くのがイヤになりますよね。痛みが気になったら、そのままにせず足をチェックしてみてください。

外反母趾は、足の親指の付け根が外側に突出した状態を指します。親指の先が、人差し指のほうに「く」の字に曲がっているのが特徴。「く」の字の突出部が靴に当たることで、痛みを感じます。

症状が悪化すると、靴を履かなくても痛くなり、手術が必要になるケースがあります。

外反母趾の主な原因は、足に負担をかける靴。先細の靴を履き続けると、親指の付け根から先が圧迫されて変形します。また高いヒールは、親指の付け根にかかる力が増え、変形を強くしてしまいます。

ただし外反母趾を引き起こす原因は、ハイヒールだけではありません。肥満や加齢が引き起こす「足のアーチ崩れ」にも注意しましょう。

第2の原因「足のアーチ崩れ」とは

外反母趾は親指の角度が内向きに20度から30度まで曲がった状態

足には縦のアーチと横のアーチがあります。アーチが効率よく身体を支え、足裏にかかる圧力を分散。歩くときの衝撃を軽減しています。

しかし肥満による体重の増加は、アーチの崩れを引き起こす原因に。また加齢によって足首や足裏の靭帯が変性すると、足の甲から親指の付け根にかかる骨(中足骨)が扇状に開いてしまいます。その状態で先細の靴を履くと、親指のつま先が人差し指側に圧迫されるのです。

普段ハイヒールを履かない女性でも、油断は禁物。足のアーチ崩れが原因で外反母趾になってしまうことがあります。

外反母趾を防ぐためには、足指を鍛える体操と、縦横のアーチをサポートする靴選びが大切です。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

カンタン足指体操で外反母趾予防

【アシックス商事株式会社(footsuki)】外反母趾に負けない!歩くのがラクになるシューズ選びと足指体操

足指の筋肉を鍛えてアーチをキープ!

硬くなった親指の関節を柔らかくしたり、足指の筋肉を鍛えたりする、代表的な3つの足指体操を紹介します。テレビやスマホを見ながら簡単にできますよ。

Hohmonn(ホーマン)体操
1. 10本ほど束ねた輪ゴム、または幅広の輪ゴム1本を両親指に掛ける
2.かかとを合わせて支点にする
3.足先を外側に開き5~10秒キープ
1日2回、30回ずつを目安に行います。
足のグーパー体操
足指でグーとパーを交互に繰り返します。パーのときに親指をしっかり開くことが重要。1日2回、30回ずつを目安に行います。
タオルギャザー体操
床にタオルを敷き、イスに座った状態でタオルを足指でたぐりよせます。膝をなるべく曲げず、遠くに伸ばして行うのがポイントです。1日20~50回が目安です。

これらの体操は、足裏の疲れや痛みの解消にもおすすめ。毎日コツコツ、継続することが大切です。

ただしせっかくの体操の効果も、靴によっては台無しに!足に負担をかけにくい靴を選びましょう。

外反母趾にやさしいシューズの選び方

【アシックス商事株式会社(footsuki)】外反母趾に負けない!歩くのがラクになるシューズ選びと足指体操

つま先ゆったり、甲はぴったり

靴を購入する時間帯は、体重がかかり足のアーチが崩れてくる午後がおすすめ。以下のポイントをチェックして選んでみてください。

靴のサイズ
足の甲とかかとはフィットして、つま先にはゆとりがあるものを選びましょう。
歩き方
きれいな歩き方ができる靴は、足にやさしい靴といえます。かかとから着いて、親指から抜けていく歩き方ができるかチェック。
靴の機能
ヒールは低めで前すべりしにくいものがおすすめ。土踏まずを支えるクッション素材の中敷があると、よりよいでしょう。

足元のおしゃれを楽しみたいときは

足にやさしい靴の重要性がわかってはいても、服に合わせてコーディネートしたいものですよね。どうしてもハイヒールを履きたいときは、

  • 移動の間は別の靴を履く
  • 滑り止め効果や足のアーチをサポートする中敷を入れる
  • シューズバンドで足の甲を固定する

などの対策を取り入れましょう。

それらが面倒に感じる場合は、「やさしさとデザイン」の両方にこだわった靴に注目。適度なヒールで外反母趾に配慮し、オンにもオフにもマッチする多彩なデザインの靴があります。

特に、日本人の足に合わせた国内ブランドのシューズがおすすめです。

オヤユビ角度にやさしいfootsuki(フットスキ)

footsuki(フットスキ)は、日本人の足を知りつくしたシューズメーカー「アシックス商事」が手がける、足にやさしいケアパンプスシリーズです。日本人の足形データをもとに、ラスト(靴型)を一から設計。細部までこだわりが詰め込まれています。

つま先はゆとりをもたせ、圧迫しにくい構造。中足骨から付け根はしっかりホールドし、横のアーチをキープします。

土踏まずにフィットして前すべりしにくい立体成型の中敷と、約3.5㎝ヒールのリフトアップで、縦のアーチもキープ。

踏みつけ部は、やわらかい素材の中敷と、曲がりやすいアウターソール。足への衝撃を和らげ、足指がしっかり地面をつかむように歩けます。

オン・オフを選ばず、オシャレを楽しめるデザイン性も魅力。footsuki(フットスキ)で通勤はもちろん、お散歩やショッピング、カフェめぐりなども楽しんでくださいね。

(ヘルスケア大学編集部)

提供元:アシックス商事株式会社

掲載日:2018/09/01

アンケートにご協力、お願いいたします。

商品/サービスについて理解することはできましたか?

商品/サービスを利用したいと思いましたか?