セルフメディケーション税制の対象となるOTC医薬品を知ろう

ひいたかな?と思ったら対策!
風邪に負けない冬を過ごそう

仕事や子育てに忙しく、「風邪をひいても病院に行く時間がない」
という方も多いのではないでしょうか。
市販の風邪薬の中には、
2017年1月から開始される特例の
医療費控除制度「セルフメディケーション税制」の対象となるものがあります。

セルフメディケーション税制とは

1年間(1月1日~12月31日)に購入した「OTC医薬品」の購入額が1万2千円を超えた場合に、医療費控除を受けられる制度。確定申告により、「超えた分の金額×所得税」が還付され、「超えた分の金額×個人住民税率」が減税されます。超えた分の金額の上限は8万8千円で、生計を一にする家族の購入額も含まれます。

OTC医薬品とは

薬局、薬店、ドラッグストアで購入できる市販薬のこと。制度の対象となるのは、医師によって処方される医療用医薬品から、市販のOTC医薬品に転用した「スイッチOTC医薬品」です。使用実績があり、比較的副作用が少なく、安全性が高いとされている成分を配合しています。
対象となるOTC医薬品のパッケージには、識別マークが表示されます。

適用対象となる人

  1. 健康の維持増進や疾病予防を目的として、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検診を受けている人
  2. セルフメディケーション税制の対象として認められているOTC医薬品を購入した人

この2点を満たすことが条件です。

ヘルスケア大学 編集部

風邪ウイルスの違いで症状も異なる

風邪の原因となるウイルスは、現在200種以上あるといわれています。ウイルスが鼻や口から侵入すると、上気道(鼻からのど)の粘膜に感染して増殖。急性の炎症を引き起こします。ウイルスの種類により感染部位や炎症部位が異なるため、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、発熱といった、さまざまな症状が現れるのです。予防の基本は、小まめな手洗いとうがいで、ウイルスを体内に入れないことです。

風邪に負けないためには、早めの対処が肝心

睡眠不足のとき、体力が低下しているときは、風邪ウイルスに感染しやすくなります。ひいたかな?と思ったら、十分な睡眠をとり、高カロリーで消化のよい食事をとりましょう。スープやシチュー、煮込みうどんなどがおすすめです。風邪薬を服用するときは、鼻・のど・熱など症状に合ったものを選ぶことと、服用する時期が大切。ドラッグストアや薬局で薬剤師に相談の上、適切に使用しましょう。
ヘルスケア大学マーク

風邪をひきやすい方は、
控除対象となるOTC医薬品をチェックしてみてはいかがでしょうか?

オススメ商品
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
オススメ商品
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
オススメ商品
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

掲載日:2016/11/29