スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

キーワード「コラーゲン」の関連記事

  1. 1
    知るだけで年齢ケアは変わる!エイジングケアを意識したコラーゲン活用術
    スキンケア大学編集部

    スキンケア大学編集部

    知るだけで年齢ケアは変わる!エイジングケアを意識したコラーゲン活用術

    昔はハリもツヤもあった私のお肌、今では…とお悩みの方にチェックしてほしいのが、美容成分として有名なコラーゲン。なんとなく知っているつもりでも、実はコラーゲンのとり入れ方がよくわからないという方も多いようです。コラーゲンのとり入れ方をチェックして、鏡を見るたび嬉しくなるようなお肌を目指しましょう。

  2. 2
    コラーゲンを多く含む身近な食べ物ランキングと効果的な摂り方
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    コラーゲンを多く含む身近な食べ物ランキングと効果的な摂り方

    シワやたるみ、シミ、くすみなどのエイジングサインに気付いたら、コラーゲンをとり入れる習慣をつけましょう。このページではドクター監修のもと、コラーゲンを豊富に含む食品と効果的な摂り方、避けた方がいい食品についても紹介します。

  3. 3
    年齢と共に減るコラーゲン…不足するオトナ世代はどうやって補うべき?
    スキンケア大学編集部

    スキンケア大学編集部

    年齢と共に減るコラーゲン…不足するオトナ世代はどうやって補うべき?

    思ってたよりも重要だった!美しさと健やかさを支える体内のコラーゲン。実は25歳あたりから、体内で日々作られる量は減っていきます。年齢と密接な関係を持つコラーゲンは、どのように補うのが良いのでしょうか?

  4. 美と健康に欠かせない!コラーゲンが良い理由と活用のポイント
    スキンケア大学編集部

    スキンケア大学編集部

    美と健康に欠かせない!コラーゲンが良い理由と活用のポイント

    美容や健康のために、コラーゲンが良いと言われている理由を知っていますか?コラーゲンを配合したサプリや化粧品を使うことで、何が期待できるのかを知ることは、美と健康をレベルアップさせるためにも重要なポイントですよ。

  5. 期待できる化粧品を選ぶには?コラーゲン化粧品の見極めポイント
    スキンケア大学編集部

    スキンケア大学編集部

    期待できる化粧品を選ぶには?コラーゲン化粧品の見極めポイント

    保湿成分として優れているコラーゲンは、多くの化粧品に配合されています。しかし、コラーゲンにも、さまざまな種類があり期待できる効果も変わってきます。より高いスキンケア効果が期待できるコラーゲンを見極めるポイントを見ていきましょう!

  6. コラーゲンの一日の摂取量の目安は?サプリの効果と摂取できる食品
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    コラーゲンの一日の摂取量の目安は?サプリの効果と摂取できる食品

    コラーゲンを摂取すればするほど、美肌に近づくと思っている人もいそうですが、実際のところ、一日にどのくらい摂ればいいのでしょうか。そこでドクター監修のもと、コラーゲンの必要量やコラーゲンを豊富に含んでいる食品ついて解説します。

  7. コラーゲンの肌の健康を保つ効果と成分
    山田美奈 先生

    山田美奈 先生

    コラーゲンの肌の健康を保つ効果と成分

    ちまたでよく耳にする「コラーゲン」。美肌になるためには必要な成分だと何となくはわかっていても、実際に肌にどのような影響を与えているのかはあまり知られていません。そこで、コラーゲンの成分や肌に与える影響について詳しく解説します。

  8. コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いとは
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いとは

    「コラーゲンペプチド」は、美容サプリメントやドリンクのラベルなどに記載されていますが、一体、コラーゲンと何が違うのでしょうか?そこでドクター監修のもと、コラーゲンペプチドとコラーゲンの違い、特長などについて解説します。

  9. コラーゲンの役割と種類
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    コラーゲンの役割と種類

    コラーゲンと一言でいっても、体内のさまざまな場所に存在し、種類も複数あります。どんな目的の時に、どのコラーゲンをとればよいのでしょうか。ドクター監修のもと、コラーゲンの役割や、種類について詳しくご紹介します。

  10. 美肌におすすめ!コラーゲン化粧品の効果と選び方
    山田美奈 先生

    山田美奈 先生

    美肌におすすめ!コラーゲン化粧品の効果と選び方

    化粧品に配合されている成分で角質層に浸透するのは、分子量500ダルトン以下で脂溶性のものとされています。実際にコラーゲン成分配合の化粧品は美肌効果があるのかどうか、ドクター監修のもと、詳しく解説していきます。

  11. 肌に必要なコラーゲンの役割とは?吸収できる?
    楠山法子 先生

    楠山法子 先生

    肌に必要なコラーゲンの役割とは?吸収できる?

    「肌がプルプルになる」といわれ、多くの女性が注目するタンパク質であるコラーゲン。ここではドクター監修のもと、体内におけるコラーゲンの役割やコラーゲンの構造、効率よく吸収するための方法などについて解説しています。

  12. コラーゲンがニキビを悪化させるって本当?
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    コラーゲンがニキビを悪化させるって本当?

    コラーゲンを摂取するとニキビができるという話がありますが、これは本当なのでしょうか?ニキビを防ぐためには、どのようなことに注意したらよいのでしょうか?ここでは、ドクター監修のもと、コラーゲンとニキビの関係について解説します。

  13. コラーゲンとエラスチンの関係って?
    上浦典子 先生

    上浦典子 先生

    コラーゲンとエラスチンの関係って?

    エラスチンとコラーゲンは、皮膚の内側にある真皮という層に結び合って存在します。サプリメントなどで補給する際にも、一緒に摂るのがよいとされていますが、それはどういう理由からなのか、専門家の監修のもとに解説します。

  14. 「コラーゲンが吸収される」の意味とそのメカニズム
    黒田愛美 先生

    黒田愛美 先生

    「コラーゲンが吸収される」の意味とそのメカニズム

    コラーゲン配合のサプリメントやドリンクなどを摂るとき、よく「体内への吸収を意識しましょう」などと言いますが、これはどういう意味なのでしょう?そこでドクター監修のもと、吸収されるしくみや吸収を高めるポイントを紹介します。

  15. コラーゲンが多い食べ物の効果とは?
    北川みゆき

    北川みゆき

    コラーゲンが多い食べ物の効果とは?

    過度な摂りすぎによって体の栄養バランスが崩れてしまったり、アレルギーなどになることもありますので注意が必要です。

  16. コラーゲンの経口摂取で吸収率を高めるポイント
    スキンケア大学編集部

    スキンケア大学編集部

    コラーゲンの経口摂取で吸収率を高めるポイント

    コラーゲンを経口摂取できる食品は女性にとって気になるもの。しかし、本当に効果があるのでしょうか。ここでは肌への効果を高めるコラーゲンの摂り方や効果を左右するものなどについて、専門家監修のもと解説します。

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー