注目の美肌食材はきゅうり!

栄養素と美肌効果
重量の95%を占める水分には、少しずつですが様々なビタミンやミネラルが含まれ、天然のミネラルウォーターとも言われています。中でも利尿作用のあるカリウムを豊富に含み、むくみを和らげてくれます。日差しをたっぷり浴びる皮は抗酸化作用が期待できたり、美白効果のあるビタミンCも含まれます。生で美味しくいただけるため、カリウムやビタミンCなど水に溶けて加熱に弱い栄養素を効率的に補給することが出来ますよ。

注目の食材

バイオリズムグラフ

こんな時にオススメ
むくみやだるさが気になる月経期には、体内の水分量を調節してくれるカリウムを豊富に含んだきゅうりがオススメ。ただし、夏野菜特有の身体を冷やす働きもあるため、温かいスープや汁物なども一緒に摂るようにしましょう。さらに肉や魚、卵、大豆製品等の良質なタンパク質を摂るとむくみ予防にもなるのでより効果的。 梅雨の時期は、代謝が悪くなり、むくみやすいのでオススメしたい食材です。

ピックアップレシピ

レシピ写真

胡瓜のとろりんスープ|材料(2人分)

  • きゅうり

    1本半

  • 生姜

    1かけ

  • かつおだし

    2カップ

  • 料理酒

    大さじ2

  • 小さじ1/4

  • 片栗粉

    適量

作り方

  • 1胡瓜は三等分くらいの長さに切り、縦に半分に切ります。真ん中のタネがある部分をスプーンですくうようにしてえぐります。(きゅうりはタネの部分の青臭さがあるので火を通すと青臭みが増す為取り除きます)
  • 2胡瓜は1の処理の後、斜め薄切りにします。生姜は千切りにします。しょうがはあとで辛さ、苦みにもあるので苦手な方は少量からお試し下さい。
  • 3かつおだしを鍋に入れ、胡瓜、ショウガを入れ、一煮立ちさせたら料理酒、塩を入れ味を整えます。水に片栗粉をといた物を火をとめて入れます。お好みのとろみ加減になったら完成です。

この記事の監修者

管理栄養士・日本抗加齢医学会認定指導士篠原絵里佳 先生

同じ年齢でも若く見える人、老けて見える人がいますが、何が原因でこの差が生まれるのでしょうか。体の機能の老化が進めば、やがて見た目にも表れます。この老化の速度を緩やかにし、その歳で最高の健康を手に入れることができれば、見た目にも美しく若々しく歳を重ねる事が出来ます。これを「アンチエイジング」と言います。老化を決定しているものは、それまで送ってきたライフスタイル(環境)です。ライフスタイルの中でも、主に“食”を中心に、美しく歳を重ねるためのアンチエイジングの秘訣をお届けします。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー