注目の美肌食材はマンゴー!

栄養素と美肌効果
マンゴーに豊富なβ-カロテンは、シミやそばかすの一因となる活性酸素を除去する抗酸化力に優れています。これは、ビタミンCやビタミンEと一緒に摂ると相乗効果が得られますが、マンゴーにはこれらのビタミンが全て含まれているのです。また、色素沈着を防ぐためにはお肌のターンオーバーを促すことも大切。マンゴーはターンオーバーに関わる葉酸も豊富な上に、メラニン色素の沈着を防ぐビタミンCにも富んだ美肌をつくる果物なのです。

注目の食材

バイオリズムグラフ

こんな時にオススメ
エストロゲンの分泌量が低下する黄体期は、メラニン色素を出すメラノサイト刺激ホルモンも影響を受けてメラニン色素も増加させてしまうため、シミやそばかすが出来やすくなります。新陳代謝を高めて細胞の酸化を防ぐビタミンCやβ-カロテンが豊富なマンゴーはオススメです。 また、活性酸素はストレスでも発生しますので、ストレスを感じやすい方や、紫外線が強くなる4~10月頃にもオススメです。

ピックアップレシピ

レシピ写真

豆腐とマンゴーの絹どけムース|材料(2人分)

  • 絹ごし豆腐

    100g

  • 生クリーム

    100ml

  • マンゴー(実のみ)

    1缶or1個

  • 砂糖

    40g

  • レモン果汁

    大1

  • ゼラチン(粉)(★)

    5g

  • 水(★)

    大3

作り方

  • 1★の水にゼラチンを入れふやかし、レンジで20秒程度とけるまでチンします。ここは、目を離さず見ておいてくださいね。 マンゴーの缶詰めは水分をきっておく、実の場合は種と実をはなしておく。
  • 2残りの材料をミキサーやフードプロセッサー、なければハンドミキサーに入れて、とけたゼラチンを入れて、ガーとよく混ぜる。
  • 3好きな容器に入れて冷蔵庫で冷やして完成!

この記事の監修者

管理栄養士・日本抗加齢医学会認定指導士篠原絵里佳 先生

同じ年齢でも若く見える人、老けて見える人がいますが、何が原因でこの差が生まれるのでしょうか。体の機能の老化が進めば、やがて見た目にも表れます。この老化の速度を緩やかにし、その歳で最高の健康を手に入れることができれば、見た目にも美しく若々しく歳を重ねる事が出来ます。これを「アンチエイジング」と言います。老化を決定しているものは、それまで送ってきたライフスタイル(環境)です。ライフスタイルの中でも、主に“食”を中心に、美しく歳を重ねるためのアンチエイジングの秘訣をお届けします。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー