栄養バランスのとれた食事が美肌をつくる

この記事の監修者

西麻布ヒフ・形成外科 院長藤井佳苗 先生

カップラーメン

質が大事!正しい栄養の摂り方を学ぶ

食事は「質」が肝心だと言われていますが、その質とは「バランスのとれた食事」を意味しています。

現代では、タンパク質15%、脂質25%、炭水化物約60%の割合で摂ることが理想的だとされ、これら三大栄養素のタンパク質(Protein)脂質(Fat)炭水化物(Carbohydrate)の頭文字から、PFCバランスと呼んでいます。

しかし多くの方は、このうちの炭水化物と脂質の割合が多くを占めており、バランスが満たされていない傾向にあります。

要注意!偏りがちな私たちの食事

バランスの良い食事を心がければ、無理な食事制限をしなくても綺麗なプロポーションや美肌を手に入れることができます。

しかし、24時間営業のコンビ二にファミレス、レンジでチンするだけで出来上がる料理など、お腹が空けばいつでも好きな物を食べる事ができ、自由度が高くなった一方で、気がつかないうちに食事内容は偏り、不規則な時間に食べるという「偏食」を引き起こすリスクも高まっています。

栄養素は、ひとつでも欠けていると上手に吸収されない性質があります。栄養が吸収されなければ外側を守る皮膚粘膜が弱まったり、タンパク質が筋肉に変わらず内臓脂肪として蓄えられたりしてしまいます。

また、夜遅い食事も消化に悪く、内臓に負担がかかります。これもまた、栄養が内臓脂肪へ蓄積されやすくなり肥満の原因となるのです。

バランスのとれた食事のアドバイス

毎日無意識のうちに偏食を積み重ねていけば、あなたの肌もプロポーションも、じわじわと影響を受けてしまいます。

簡単にできる予防策としては、麺類だけで食事を済ませがちな方はそれを止めたり、ごはんの量を少しだけ減らして野菜とタンパク質の量を増やすことです。つまりおかずでお腹を満たすということですが、ごはんを全く食べないという極端なことは禁物です。

もちろん栄養についてきちんとした知識を増やしていくことも重要ですので、これをきっかけに食事の「質」を高めることを始めてみてはいかがでしょうか?

【身体を作る栄養素】

■ビタミン
それぞれの栄養素を身体に行き渡らせる役割を持つ成分。

■糖質
身体を動かすことや生きていくための基礎代謝に必要なエネルギーをまかないます。

■脂質
皮膚の粘膜の形成を助け、抵抗力を高めるために必要な栄養素です。

■タンパク質
筋肉を構成する栄養素のひとつです。

■カルシウム
骨を作るもととなる栄養素です。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン