ひと手間を加えてお肉を柔らかくする方法

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

肉

お肉にはいくつかのランクがあり、そのランクによって歯ごたえや旨みが違います。料理に使うお肉のランクを上げれば、それ相応のおいしい食感を楽しめますが、良いお肉はそれだけ値段が張ってしまい、必然的にお金がかかってしまいます。

そこで、安いお肉を少しでも柔らかく、程よい歯ごたえを残したまま調理するには、どのような工夫が必要なのでしょうか?ここでは、肉料理をより一層美味しくするための、ひと手間についてお話したいと思います。

硬いお肉を柔らかくするひと手間とは

スーパーの特売で購入した安価なお肉。普通に調理して食べても美味しいのですが、そのお肉が高級なブランド肉のようにやわらかく、程よい歯ごたえのある食感を実現できたらお得ですよね?

実は、お肉をタンパク質分解酵素が含まれる食材と一緒に漬け込むだけで、お肉本来の適度な歯ごたえを残したまま、高級肉のようなワンランク上の味わいが生まれるのです。

例えばまいたけ。タンパク質分解酵素が多く含まれているため、まいたけを刻んでお肉に揉み込み、水を入れて一緒に漬け込んでおくと、とても柔らかくなります。これはお肉に含まれるアミノ酸同士の繋がりが、まいたけの酵素によって切り離されることから起きる現象です。

タンパク質分解酵素は、まいたけだけではなく、キウイフルーツやパイナップルなどにも含まれています。よく酢豚などの肉料理にパイナップルが入っているのは、このような理由もあるのです。

このやり方は肉の部位や種類を問わず、柔らかく、そしてうまみを強くさせる事ができるので、ぜひお試しください。

お肉を美味しく食べるために手抜きは禁物!

お肉には筋と呼ばれる硬い部分があります。この筋をそのまま調理すると、硬くて噛み切れない部分に歯が当たり、食感が非常に悪くなります。

筋がたくさんあるお肉の場合、下処理の段階で筋のラインに対して、横に切り込みを入れるか、もしくはフォークを使って何箇所も突き刺すことで、程よい歯ごたえを残したままやわらかくフワッとした食感になります。

調味料では、酢にも肉を柔らかくする効果があるので、煮込む時に酢を一緒に入れるのもおすすめです。

このように下処理の段階で工夫を凝らせば、安価なお肉でも美味しい料理を作ることができますので、ぜひご自宅でお試しください。

いますぐ読みたい

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン