意外と食べてる!体を冷やす食べ物

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

冷え

暑い夏が終わりを告げ、徐々に気温も下がり秋へと向かっていきます。これまで夏バテ防止や水分補給のため積極的に体を冷やす食べ物を摂っていた方も、意識して食事の内容を切り替えていく必要があります。
季節の変わり目は寒暖の差も激しく、体調を崩しやすい時期なのでしっかりと健康管理をしていきましょう。

体を冷やす食べ物とは?

私たちが何気なく口にしている食べ物には、意外と体を冷やすものが多くあります。それだけでなく、温かい飲み物でも緑茶やコーヒーには体を冷やす働きがあるといわれていますので注意が必要です。
そのため、「体を冷やす食べ物」をちょっとだけ頭の中に入れていただき、季節によって上手に取り入れ方を変えていくようにしてみませんか?

体を冷やす食べ物とは?

体を冷やす食べ物は、以下のようなものがあります。
【野菜類】トマト、レタス、キャベツ、きゅうり、ナス
【いも類】こんにゃく
【藻類】昆布
【果物】梨、スイカ、柿、バナナ、オレンジ、りんご
【魚介類】あさり、しじみ、たこ、カニ
【豆類】豆腐
【穀類】そば・小麦
【砂糖・甘味類】白砂糖

なぜ、食べ物で体は冷えるの?

私たちの体は食べ物を摂取することにより、その栄養分をエネルギーに換える働きをしており、体内で作られるエネルギーの約75%以上は熱へと変換され、体温を一定の温度に維持するという役割を果たしています。
胃や腸で食べ物を消化する時には、一度胃腸に入った食べ物や飲み物を温める過程があり、その際にも体内の熱が消費されています。しかし体を冷やす食べ物を摂取した場合だと、胃や腸に取りこまれた食べ物を温めるのに、より多くの熱を必要とするため、体の中の熱が奪われやすくなってしまいます。

また、カリウムが多く含まれている食べ物も体を冷やすといわれています。カリウムは利尿作用が強いため、尿を出すことで体を冷やす働きがあるといわれています。

体を冷やさない工夫

体を冷やさないためにできることは食事以外にもあります。入浴時はシャワーだけではなく湯船に入る、軽い運動を継続して行うなど簡単にできることからでもよいので、意識するようにしてみましょう。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン