梨の栄養とデトックス効果

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

梨

梨は果実の部分に約90%以上もの水分を含み、口に含んだ瞬間みずみずしさが広がる、夏の水分補給にうってつけの果物。さらに、梨に含まれているアルブチンやカテキンという成分には解熱作用があることも、夏にオススメしたい理由のひとつです。

夏のイメージが強い梨ですが、実際に市場へ出回っているのは7月から11月と長く、旬は秋になります。

梨のデトックス作用

梨に含まれているカリウムやアスパラギン酸には、身体の中へ取り込まれた余分な塩分を排出する働きがあるため、むくみの解消へとつながります。

さらに、石細胞とカリウムの相乗作用でナトリウムが排泄されることによって、利尿作用が起きやすくなります。

梨の便秘解消効果

梨には、糖の一種であるソルビトールが果物の中で最も多く含まれています。ソルビトールは便のphを下げることで便を軟らかくしたり、水分を吸水して蠕動運動を促しお通じがよくなると言われています。

また、梨を食べた時にシャリシャリした食感を楽しむことができますが、この独特の歯ごたえはリグニンと呼ばれる食物繊維の一種によるものです。

ソルビトールと食物繊維を含む梨の便秘改善効果にはおおいに期待ができるでしょう。

いますぐ読みたい

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン