ハーブティーの効能と上手な取り入れ方

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

忙しい毎日のひととき、ハーブティーを飲むとホッとして癒されると感じる方もいらっしゃいますよね。
​このハーブティーにはリラックスの作用だけではなく、様々な働きがあるといわれています。今回は効能別にオススメのハーブティーをご紹介したいと思います。

効能ごとにハーブティーを選ぼう

【心を落ち着け、安眠したい方に】
気持ちが落ち着かず、なかなか眠れない時には、カモミールやラベンダー、オレンジピールのハーブティーがオススメです。

カモミール:ストレスなどで眠れない時に心を落ち着ける働きがあります。
ラベンダー:心を落ち着ける作用があり、ストレスを緩和したり、安眠の作用があります。
オレンジピール:鎮静作用や抗うつ作用があり、気分転換を図りたい方に適しています。

【ダイエットを考えている方に】
体の中に溜まった不要な物質を取り除いたり、消化・吸収を促す働きを持つハーブがよいでしょう。

ジュニパーベリー:不要な老廃物を除去したり、脂肪が体内に溜まるのを防ぐ働きがあります。
ステビア:ステビアは砂糖の何百倍もの甘さを持ちながらも、カロリーが低いという特長があります。

【貧血気味の方に】
血液の循環を促したり、鉄分の吸収を促進させるビタミンCの入ったハーブなどがオススメです。

ローズヒップ:ビタミンCを多く含んでおり、風邪などに対する抵抗力を高めたり、疲れを回復させます。
ローズマリー:血液の流れをよくしたり、血中のコレステロールを下げる働きもあります。
レモングラス:血行を促進する作用や、消化を助ける働きがあります。

【便秘がちな方に】
便秘は、食生活の乱れやストレス、運動不足など、さまざまな原因があるといわれています。そのような方は、胃や腸の働きを整えるものや、血液の流れをよくする作用があるものがオススメです。

ローズ:お通じをよくするだけではなく、ホルモンのバランスを整える作用があります。
ペバーミント:腸の中に溜まったガスを出したり、腸内環境を整える作用があります。
フェンネル:腸内環境を整える働きがあります。また、利尿作用があるので、むくみやすい方に適しています。

一種類のハーブでつくられたハーブティーもよいですが、さまざまなハーブをブレンドすることで、あなただけのオリジナルハーブティーを楽しむこともオススメです。

いますぐ読みたい

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン