マーガリンに含まれるトランス脂肪酸とは?

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

マーガリン

普段、みなさんはパンを食べる時、どんな物を塗っていますか?現在では、さまざまな種類のジャムやマーマレード、アーモンドクリームなどがありますが、代表的な物としてはバターやマーガリンが挙げられますよね。中にはカロリーを気にして、バターではなくヘルシーなイメージのあるマーガリンを選ぶ方もいらっしゃいます。しかし、マーガリンには“トランス脂肪酸”という物質が含まれているのです。それでは、このトランス脂肪酸とは、一体どのようなものなのでしょうか?

トランス脂肪酸とは

脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸というものがあります。飽和脂肪酸は常温では固体ですが、不飽和脂肪酸は常温で、液体の性状をしています。トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種であり、過剰摂取することによって、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)濃度が増加し、さらにHDLコレステロール(善玉コレステロール)濃度が減少することが示されています。また、冠動脈性心疾患のリスクを高めるともいわれているため、健康に害を及ぼす危険性が高い物質なのです。

なぜマーガリンにはトランス脂肪酸が?

マーガリンは発酵乳や食塩、ビタミン類に精製した油脂を加えて乳化した物です。この油脂の成分は「食用植物油脂」と「食用精製加工油脂」が用いられています。食用植物油脂は常温の場合、液化しているため、マーガリン独特の口当たりや硬さを出すために食用精製加工油脂が使われています。食用精製加工油脂の中には水素を添加して固形状にした硬化油脂が含まれており、その加工技術が使われる過程でトランス脂肪酸が作られるのです。

バターとマーガリンのメリット・デメリット

それでは、バターとマーガリンを比較した際のそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介します

・バター
<メリット>
・コクのある風味と味がある
・料理など用途の範囲が広い

<デメリット>
・価格、カロリーが高い
・乳製品が体に合わない人は、アレルギーを起こす場合がある

・マーガリン
<メリット>
・価格が安い。・乳製品が体に合わない人でも摂取できる
・酸化されにくいので日持ちしやすい。
・食感が好まれる(やわらかさや口どけを調整できる、ビスケット等のサクッとした食感、揚げものがサクッと揚がる等)

<デメリット>
・トランス脂肪酸の問題があるため、摂取量に気をつける必要がある

過剰摂取に注意しましょう

最近では、トランス脂肪酸の過剰摂取による健康問題が注目されており、アメリカではマーガリンが禁止となりました。しかし、あくまでも健康問題の研究結果は欧米人を対象に行われているため、日本人にも同じ影響があるのかというと、定かではないそうです。いずれにしても、過剰摂取は健康にとって有害となるため、摂取量や頻度にも気をつける必要があります。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン