花粉症の方は要注意!マンゴーアレルギーとは

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

マンゴー

近年、食物に対してアレルギー症状をきたす方が非常に増えてきています。その中でも、果物アレルギーを持っている方は非常に多く、「好きなのにアレルギーがあるので食べられない…」と悲しむ声もよく聞かれます。

果物のアレルギーには、キウイ、リンゴ、桃、サクランボなど、数えたらきりがないほどの種類が存在していますが、その中にマンゴーアレルギーでお悩みの方もいらっしゃいます。

今回は、このマンゴーアレルギーとはどのようなものなのかご紹介します。

マンゴーアレルギーとは?

植物のウルシに触ると、手がかぶれると言う話を聞いたことがありませんか?
実は、マンゴーはウルシ科の植物で、かぶれを引き起こす可能性の高い果物なのです。

ウルシによるかぶれは、ウルシオールという成分が原因なのですが、マンゴーに含まれている成分のカルドールや、マンゴールはウルシオールと化学構造が非常によく似ており、主に果皮の部分に多く存在し、果肉にも少量存在しています。

マンゴーアレルギーが引き起こされやすいのは、皮をむく時や口に入れた時。マンゴーを食べてから1〜2日後に、唇やその周辺をはじめ、手指や頬、耳にまで水泡や紅斑、丘疹などの症状がでることもあります。
場合によっては、前胸部や陰部、頸部にまで症状が及ぶ方、喉の辺りがかゆくなる方などもいらっしゃいます。

稀にですが、生命にかかわるアナフィラキシーショックや、気管支喘息の発作を起こす場合もありますので十分な注意が必要です。

マンゴーを食べる前の注意点

マンゴーのアレルギーが疑われる場合は、マンゴーの摂取をなるべく控えるようにしましょう。マンゴーアレルギーがある方は、ビスタチオや銀杏でもアレルギーを起こす可能性がありますので、十分な注意が必要です。

また、ゴムにアレルギー反応を示すラテックスアレルギーや花粉症がもともとある方は、マンゴーなどの果物を食べることによって、アレルギーを引き起こす場合もありますので、避けた方がよいかもしれません。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン