卵は完全栄養食!

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

たまご

野菜などと違い、長期保存が可能な卵。私達の生活になくてはならない食品として重宝されていますが、今回は、卵の驚くべき栄養についてお伝えしたいと思います。

卵の栄養について

卵は「完全栄養食」と称されるほど、良質なたんぱく質をはじめ、ミネラルやビタミンなど身体にとって必要なあらゆる栄養素がつまっています。

免疫力をアップさせる必須アミノ酸が非常にバランス良く含まれており、風邪の原因菌を殺すリゾチームという成分もありますので、風邪やインフルエンザの予防が期待できます。

また、最近注目されている「レシチン」という成分は、生活習慣病やアルツハイマー病の予防だけでなく学習能力や記憶力をアップさせる働きや、さらに健康効果だけでなく、美容にもその効果が期待されています。

ピンとした肌のハリを保つコラーゲンを作る材料にもなっているアミノ酸や、老化の原因となる活性酸素を取り除く作用のあるメチオニン、ビタミンEだけでなく、肌の乾燥や肌荒れに効くビタミンAも含まれています。

卵の1日の摂取量の目安は?

卵を1日に何個まで食べてもよいのか?そんな議論がよくされますが、「コレステロール値が上がるので、1日1個以上食べてはいけない」ともいわれています。

「コレステロール」と聞くと、何だかあまりよいイメージがない方もいらっしゃるかと思いますが、そもそもコレステロールは、私達の身体にある細胞を守る細胞膜の原料でもあり、女性ホルモンなどさまざまなホルモンを構成している成分でもあるのです。

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類があり、主に悪玉コレステロールが健康に害を及ぼしているため、全てのコレステロールが悪いと言うわけではありません。

そして、卵に含まれるレシチンやオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

 

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン