甘麹のオススメレシピと嬉しい効果について

この記事の監修者

野菜ソムリエ上級プロ・栄養士・アスリートフードマイスター立原瑞穂 先生

甘麹

今回は、次なる麹アイテムとして注目されている「甘麹」の効果やオススメのレシピについてご紹介したいと思います。

甘麹ってどんなもの?

塩麹とは、麹に水と塩を加えて作られますが、甘麹は何を原料に作られているのか、みなさんご存知でしょうか?

甘麹は麹と米が原料で、甘酒のもとにもなります。
一般的に飲まれている甘酒は、砂糖と酒粕を煮たものですが、実は甘酒は、酒粕から作る場合と麹から作る方法があります。そしてこの甘麹、実に豊富な栄養素が含まれており、「飲む点滴」と言われるほどの効果があるとされます。

甘麹の効果

■便秘の解消
甘麹には、食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれており、腸の中で善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きがあることからも、便秘解消の効果が期待できます。

■免疫力を高める
甘麹は免疫力を高める成分が豊富に含まれています。

■疲労回復作用
疲労回復のビタミンとも呼ばれているビタミンB1が含まれており、エネルギー源となるブドウ糖も含まれているため、疲労回復の作用があります。

■美肌作用
健康で丈夫な肌を作るビタミンB6やビオチンが含まれているため、美肌へと導く働きがあります。

甘麹の効果を最大限に引き出すオススメレシピ

今回ご紹介するレシピは「トマトの甘麹和え」です。

トマトには、抗酸化作用のあるリコピンやビタミンCが含まれており、免疫力を高める働きや美白・美肌効果があります。また、食物繊維であるペクチンが便秘の解消に役立ったり、疲労回復によいクエン酸までも含まれています。

さらに、甘麹にもトマトと同様に抗酸化作用があるので、免疫力を高める働きや便秘を解消する相乗効果が期待できるだけでなく、トマトと甘麹のどちらにもうまみ成分のグルタミン酸が含まれているので、豊かな味わいを楽しむことができます。

<トマトの甘麹和え>

1.鍋に湯を沸かし、沸騰したらトマト1個を湯煎にかけ、湯むきを行う。

2.トマトを一口大に切る。

3.甘麹を適量入れて混ぜ合わせ、器に盛る。

4.お好みでレモン汁やすだちをかける

飲む点滴とも噂される「甘麹」。ぜひ、お試し下さい!

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン