食後の眠気の原因とは?

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

食後

少し前まで活動的に過ごし、仕事や家事などをパワフルに行っていたにも関わらず、ごはんを食べるとたちまち眠くなってしまう、なかなか仕事や家事がはかどらない…そんな経験をした方は多いのではないでしょうか。
食後、眠気に襲われてしまうのはどうしてなのか、その秘密に迫りたいと思います。

眠気はどうして起こるの?

食後、急に眠くなってしまうのには、大きく分けて2つの原因があると言われています。ひとつはオレキシンというホルモンの関係。そしてもうひとつは膵臓の疲れです。

■ホルモンの関係

以前は「食後に眠くなるのは、食事を摂ることで血液の流れが胃の部分に集まり、脳の血液の流れが減少するためだ」という説がありました。しかし実際には、脳の血流は眠くなるほど血流低下を起こさないそうです。

現在、有力な説として考えられているのが、オレキシンという脳内ホルモンの作用。このオレキシンは覚醒効果のあるホルモンで、お腹が一杯になると満腹中枢が働き、オレキシンの分泌量が少なくなることによって眠気が生じると考えられています。

■膵臓の疲れ

食事をとることで血糖が上昇すると、血糖を適正に保つため、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。
日頃から食べ過ぎの傾向にある方は、インスリンの量を多く必要とするために膵臓へ負担がかかってしまいます。このような状態が慢性的に続くことにより、次第にインスリンの働きが弱まり、効率的に血糖を下げる機能が低下してしまいます。

それによって血糖値が上昇してしまい、糖尿病のリスクが高まるだけでなく、代謝の調整が上手くいかず、食後の倦怠感や眠気に繋がるのです。

日頃から食べ過ぎを避け、量より質を意識しながら腹八分目を目指すと良いでしょう。

いますぐ読みたい

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン