それって「プレ更年期」?若年性更年期障害チェック

この記事の監修者

管理栄養士・日本抗加齢医学会認定指導士篠原絵里佳

チェックリスト

そもそも更年期とは、閉経をはさんだ前後5年間をさしています。個人差はありますが、日本人の閉経年齢は52歳前後となっているため、だいたい45歳から55歳頃の時期にあたります。

この時期は卵巣の機能低下によって女性ホルモンの分泌が急激に減少してしまうため、ほてり、のぼせ、イライラといった症状を訴える方が増え、特に症状が重い場合には「更年期障害」と呼ばれています。

ところが、近年では30代から40代半ばの女性でも、女性ホルモンの分泌が乱れている方が急増しています。これは、急激に体脂肪を減らすダイエットや睡眠不足、さらに不規則な食生活などにより、早いうちから徐々に卵巣機能が低下しまったことが原因と考えられています。このような状態になると、動悸やめまい、発汗、落ち込みなど更年期障害に似た症状が見られるようになります。これが、「プレ更年期」とも呼ばれているものです。

「プレ更年期」の症状とは?

具体的にはどのような症状となるのでしょうか?思い当たることがないかチェックしてみましょう。

【体の内面】
□すぐに疲れる
□些細な事が気になりイライラが続く
□眠りが浅い、寝つきが悪い
□急に不安な気持ち、劣等感に襲われる
□些細なことで泣いてしまう
□動悸や息切れしやすい
□便秘が以前よりひどくなった

【体の外面】
□肌のハリが悪くなった
□体のふしぶしが痛い
□頭痛やめまいに悩まされている
□体の冷えが以前よりも気になり始めた

ストレスが「プレ更年期」を連れてくる?

プレ更年期の場合、更年期に見られる急激な卵巣機能の老化ではなく、加齢や乱れた生活習慣とともに訪れる緩やかな卵巣機能の低下と、知らずに溜まったストレスによる自律神経の乱れが原因となります。

自律神経にはカラダの各器官の働きを正常にコントロールする役目がありますが、自律神経が乱れることによってホルモンの分泌量が低下したり、体調が不安定となって更年期のような不快症状となることがあります。このようなプレ更年期の症状を予防するためにも、ストレスや過労には注意が必要です。

女性ホルモンのバランスを整えるポイント

血行が悪いと、子宮や卵巣が働きにくくなり、必要な栄養分も届きません。特に卵巣は温かくしないと活性化しないため、適度に身体を動かし、冷やさないようにする工夫が大切です。また、自律神経を調えるためにも、普段からバランスの良い食事、充分な睡眠、適度な運動など、規則正しい生活を送ってストレスを溜めこまないようにしましょう。

食事では、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンは積極的にとりたいですね。最近ではスーパーイソフラボンといわれる「エクオール」という成分が、女性のホルモンバランスを整えるとして期待されています。

いますぐ読みたい

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン