糖化とは?

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

糖化

エイジングケアに関心がある方にとって、非常に注目されているのが「糖化」。近年では抗糖化作用のある化粧品なども発売されています。今回は「糖化」についてご紹介します。

糖化ってなに?

糖化とは、体内に過剰に溜まった糖分と身体の組織や臓器を作っているタンパク質が結合し、変性することにより、AGEs (老化物質)が生成される反応のことを指します。

食生活の乱れによって代謝の能力が低下するとAGEsを除去する働きも悪くなるため、肌や骨、臓器などの老化を進行させ、肌のくすみやたるみ、シワが生じるだけでなく、動脈硬化や高血圧、がんなどの生活習慣病や骨粗しょう症などさまざまな病気を引き起こす原因にもなります。

糖分は必要以上に摂らないことが大切

糖化の原因になる糖分は、生命を維持するためには欠かせない成分です。まったく糖分を摂らない状態でいると、脳の活動の低下だけでなく、疲れや倦怠感が生じたり、進行すると低血糖と呼ばれる症状が起こり、放置すると生命の危険が生じる恐れがあります。

糖化は、加齢と共に進みますが、不規則な生活習慣や早食いや大食いなどの不適切な食習慣によって急激に血糖値が上昇する状態が続くことにより起こりやすくなります。しかし、自覚症状がないまま血糖値が高くなっている方が多いのも事実です。

「糖化」を防ぐちょっとした工夫とは

糖化は老化と同様に誰しもが避けて通ることのできない現象ですが、ある日突然、起こるわけではありません。進行レベルにも個人差があるため、日ごろから急激に血糖値を上げないように食事はゆっくりと食べる、食事量を腹八分目に抑えるなどのちょっとした工夫により、進行を遅らせることが可能です。

また、最近の研究では食事を摂る際に食物繊維を含んだサラダなどの野菜類から先に食べ、パンやご飯などの炭水化物を最後に食べることにより、過剰に糖分が体内に吸収されるのを防ぐことができ、血糖の不必要な上昇が抑えられることがわかっています。

糖化を予防し、いつまでも健康で若々しくいるためにも、食習慣の見直しはとても大切。この機会に食事の摂り方の改善からはじめてみてはいかがでしょうか?

いますぐ読みたい

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン