今すぐ飲みたい!体を温める飲み物

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

お茶

気温が低くなってくると必然的に体も冷えやすくなります。そんな時は手軽な手段として、温かい飲み物を飲んでみてはいかがでしょうか?ここでは、体にとっても嬉しい働きのある飲み物を紹介したいと思います。

体を温めるのにオススメしたい飲み物

■牛乳
セロトニンを合成するトリプトファンが含まれており、睡眠を促す働きがあります。また、ストレスを和らげ、精神を落ち着かせるカルシウムも含まれているため、眠る前にホットミルクにして飲めば体が温まるだけでなく安眠効果も期待できます。

■赤ワイン
ポリフェノールの一種であるレスベラトロールが含まれています。レスベラトロールには、細胞が新しく生まれ変わるのを助ける働きがあるため、お酒でできるエイジングケアとしてオススメです。また、オレンジの輪切りなどを入れたホットワインにでもすれば、アロマによるリラックス効果も期待できます。

■ウーロン茶
肌荒れや老化を防止するといわれるウーロン茶ポリフェノールが含まれています。また、脂肪の吸収を抑える働きもあり、ダイエット中の方にもオススメです。

■紅茶
紅茶ポリフェノールが含まれており、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を防いだり、脂肪の吸収を抑える働きもあります。

■日本酒
肌の主成分であるタンパク質をはじめ、肌の新陳代謝を促し、若々しい肌を保つといわれるビタミンB群が含まれています。

■黒豆茶
抗酸化作用のあるビタミンEやアントシアニンという物質を含んでおり、シワやたるみを予防する働きも。また、食物繊維が豊富に含まれているため便秘気味の方にもオススメです。

■しょうが湯
辛み成分であるジンゲロールや、香りの成分であるガラノラクトンという物質には、血液の流れをスムーズにし、血行をよくする作用があるため、冷え性を改善する働きがあります。

※注意したい飲み物
コーヒーや緑茶は、カフェインの作用で一時的に温まりますが、利尿作用があり、結果的に体を冷やしてしまいますので注意が必要です。

飲む時間も大切

寒いと感じた時に温かい飲み物を飲むのもよいですが、意識的に時間を決め、習慣的に飲むことで体の動き方が変わってきます。
例えば、気温が一日の中で一番低い朝の時間帯。朝起きても、頭も体も十分に働いていないことが多いのではないでしょうか?この時間帯にまず温かい飲み物を摂れば、体が一瞬で温まり、活動しやすくなるでしょう。
また、冷え性の方の場合、お風呂の湯船で体を温めても、すぐに冷えてしまう方が多いため、入浴前に温かい飲み物を摂れば、体が冷めにくくなります。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン