春の紫外線対策

今月のお悩み内容

ようやく春の日差しがたっぷりと降り注ぐようになりました。
しかし、そんな春の日差しには紫外線がたっぷり。紫外線が当たると生まれる老化の原因物質の活性酸素は、抗酸化物質をとることで、防ぐことができます。
特に、ビタミンCやビタミンEには、高い抗酸化作用があり、美肌づくりには欠かせません。
この時期旬となる菜の花にはビタミンCが、アーモンドや落花生、松の実にはビタミンEが豊富に含まれています。また、トマトなどに含まれるリコピンにも、シミのもとである、メラニンの生成に必要なチロシナーゼの量を減らしたり、活性を弱めたりする働きがあります。

菜の花としらすの和風スパゲッティー

しらすは、不足するとしわのもとになるコラーゲンがたっぷり。菜の花のビタミンCと一緒に摂ることで、コラーゲンの生成を促します。

レシピ詳細へ

香ばしい♪人参とピーナッツスプラウトのかき揚げ

普通のピーナッツでもOK。人参も高い抗酸化物質のβカロテンが豊富です。油が吸収率をアップさせてくれます。

レシピ詳細へ

スライストマトの中華サラダ

リコピンは油と相性が良く、吸収率がアップします。ごまにも、ビタミンEが豊富に含まれています。

レシピ詳細へ

この記事の監修者

野菜ソムリエ吉田めぐみ 先生

パン職人、パン講師を経て、大手食品会社等のレシピ開発に従事。主に主婦向け雑誌にレシピ掲載。野菜ソムリエの資格取得後、活動の範囲が拡がり、野菜ソムリエセミナー講師、ラジオ出演、野菜ソムリエコラムの連載等、食の分野で幅広く活躍中。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー