スキンケア大学TOP>

インドア派も油断は禁物! 【原因から解説】シミ・くすみのない「うるおいクリア美肌」の育て方

インドア派も油断は禁物! 【原因から解説】シミ・くすみのない「うるおいクリア美肌」の育て方

perfect-one-mvPc-1 perfect-one-mvSp

外出しなければ、美白ケアは不要?

監修ドクター
teacher_100x100

中島由美

Crystal 医科歯科 Clinic International

おうちで過ごすことが多い今シーズン。
「ちょっとくらい肌のお手入れを省いてもいいよね」と思っている人も、いるのでは?
でも室内に差し込む陽ざしは、徐々に明るさを増しています。クリアな美肌を保つ秘訣や、お手入れのポイントをチェックしてみて。意外な盲点が見つかるかもしれませんよ!

シミはなぜできるの?

perfect-one-img02

シミの正体は、肌で作られたメラニンが排出されずに残ってしまったもの。

メラニンは本来、外部の刺激から肌を守る働きを担っています。しかし、刺激を多く受け取ると、メラニンの生成工場である『メラノサイト』が活性化。メラニンが大量に作られてしまいます。

そこに、加齢などが原因でターンオーバー(肌の生まれ変わりサイクル)の乱れが加わると、メラニンが蓄積されて、シミとして残ってしまうのです。

一度作られるとやっかいなメラニンは「作らせない」ことが一番。
そのためには、メラノサイトを刺激する原因を知り、対策を立てましょう!

シミを作るこんな原因に注意!

perfect-one-img02

シミを作り出すもっとも大きな原因は紫外線です。紫外線は主に、UV-AとUV-Bの2種類に分かれます。

● UV-B
日焼けを起こす力が強大なUV-B。短時間浴びただけでも、肌に炎症を引き起こします。
そのため肌は自らを守ろうと、メラニンを大量に作り出します。
● UV-A
UV-Bほど強力ではありませんが、UV-Aは日光に大量に含まれており、肌の奥の真皮まで届きます。
その刺激もメラノサイトを活性化させ、メラニンを作り出します。

紫外線以外の要因にも注意が必要です。たとえばニキビや傷・虫刺され、強い摩擦などで肌に炎症が起こると、その刺激はメラノサイトに伝わり、メラニン生成に。
またストレスや喫煙によって体内で増える活性酸素も、メラニン生成を促すことがあります。

さらに、うっかり忘れがちな「肌の乾燥」にも注意が必要です。

乾燥もシミを増やすことがある?

perfect-one-img04

肌表面の角層には、適度な水分を蓄えることで外的刺激から肌を守る「バリア機能」が備わっています。

しかし乾燥が進むと、バリア機能は低下。

  • 紫外線の影響を受けやすくなる
  • チリやほこり、菌などに肌が敏感になり、炎症や肌あれを起こしやすくなる

肌がこのような状況に置かれることで、シミリスクが増大します。

また夏の肌は「汗や皮脂でうるおいが足りている」と思いがちですよね?でもエアコンの効いた室内は湿度が低く、肌から水分が蒸散しやすい状態。そのため、夏のあいだも十分なスキンケアで、肌にうるおいを与え続けることが大切です。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

シミを作らせない!スキンケアのポイント

【新日本製薬様_パーフェクトワン】インドア派も油断は禁物! 【原因から解説】シミ・くすみのない「うるおいクリア美肌」の育て方

透明感あふれる美肌を保つために、室内にいてもこの3点はしっかりと押さえておきましょう。

  1. 室内にいても日焼け止めを塗る

    肌に日焼けを起こすUV-B量は、毎年7~8月にピークを迎えます。またUV-Aは、ガラス越しでも室内に差し込んできます。そのため日中は、日焼け止めを忘れずに使いましょう。

  2. 美白ケアを取り入れる

    「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」などの効能効果が表記されている医薬部外品の化粧品を使ったケアのことです。たとえ今は目立ったシミがなくても、将来のために使い続けましょう。

  3. 保湿もしっかりと!

    乾燥が進んだ肌はダメージを受けやすく、肌あれしやすい状態。ターンオーバーを整えるためにも、朝晩忘れず保湿ケアをたっぷり行いましょう。

  4. ですが、いざアイテム選ぼうと思うと、「美白」「高保湿」をうたう製品がたくさんあってどれを選べばいいか迷いますよね?

    ここからは、アイテム選びのコツをお教えします。

アイテム選びで注目したい点は?

【新日本製薬様_パーフェクトワン】インドア派も油断は禁物! 【原因から解説】シミ・くすみのない「うるおいクリア美肌」の育て方

美肌を育てるスキンケア化粧品を選ぶとき、まず注目したいのは配合成分です。

  1. 保湿成分

    角層には水分だけでなく、水分をつなぎとめる保湿成分も一緒に与えてあげることが大切。保湿成分は水をたっぷり抱えて角層や肌表面でキープするコラーゲンや、同じく保水力の高いヒアルロン酸などが肌との相性もよく、おすすめです。

  2. 美白有効成分

    厚生労働省が効能を認めた美白有効成分は、約20種類。メラニンの生成にストップをかける働きを持つアルブチンなどがおすすめです。

  3. 肌あれを防ぐ成分

    バリア機能が低下してゆらぎやすい肌には、トラネキサム酸などの肌あれを防ぐ成分などもぜひチェックを。

また、スキンケアによる摩擦も肌の刺激に。このような成分に加えて、肌の摩擦を避けるために「なめらかによく伸びるテクスチャー」などにも注目を。アイテム数はあまり増やさず、シンプルなお手入れをコツコツ続けることで肌の調子が整いますよ。

いつお出かけすることになっても自信が持てる「うるおいクリア美肌」。この機会にじっくり育ててくださいね。

これ1品で美白も保湿も!シンプルケアにこだわる機能派オールインワン

シミの元にアプローチしてメラニンの生成を抑制する美白有効成分・アルブチンと、肌あれによるダメージを防ぐ有効成分・トラネキサム酸をWで配合したオールインワンジェル。

角層のすみずみに届く複合型コラーゲンEXや自社製造のW甘草エキス・紫根エキス、加水分解ヒアルロン酸などが美白ケアと同時にうるおいを与え、ツヤのあるクリアな素肌へと導きます。

提供元:新日本製薬株式会社

掲載日:2020/05/20

アンケートにご協力、お願いいたします。

商品/サービスについて理解することはできましたか?

商品/サービスを利用したいと思いましたか?