酵素とは?

酵素とは?

一時期、ブームを巻き起こした酵素(こうそ)。特に手作り酵素ドリンクなどは健康や美容にもよく、手軽に作れることから女性たちの人気を集めていました。そこで今回は、酵素をとることで具体的にどのような効果が期待できるのか、酵素の働きについてご紹介したいと思います。

酵素の役割

酵素といってもさまざまなものがあり、野菜や果物、味噌などに含まれている「食物酵素」から、洗顔料や洗剤などに利用される「汚れを落とすための酵素」などがあります。

酵素は体内の生理機能にも深くかかわっており、食べ物を消化して、吸収・排泄するまでのプロセスや、肌のターンオーバーにも重要な役割を果たすなど、いわば酵素の存在なくして、生きることは不可能といっても過言ではありません。

酵素の種類

酵素は大別すると消化酵素と代謝酵素の2種類あり、いずれも体内で生成されています。

消化酵素

食べ物を消化・分解し、栄養素を吸収するために必要な酵素で、主に唾液や胃液、膵液などに含まれています。

消化酵素の代表的なものには、米などに含まれているデンプンを分解するアミラーゼ、肉や魚などのタンパク質を分解するプロテアーゼ、油脂などに含まれている脂肪を分解するリパーゼなどがあります。

これらの消化酵素の働きによって分解された栄養は、小腸で吸収されて全身の血液を巡り、体のためのエネルギー源となります。

代謝酵素

食べ物に含まれている栄養素は、消化酵素の働きによってエネルギーへと分解・吸収されていきますが、それを全身の細胞内で活かす働きをするのが代謝酵素です。

代謝酵素は、消化酵素以外の酵素のことを指し、老廃物の排泄や肌の新陳代謝、呼吸、運動や体内の臓器を正常な状態に保つ働きがあります。

代謝酵素には免疫力を高める働きもあると考えられ、病気の予防や改善に役立つことが期待されています。

酵素の原料はタンパク質ですので、熱やpHの影響を受けると変性し、46~48度以上になると酵素の活性を失う特性があります。

食物酵素とは?

食物酵素とは、食べ物(特に生のフルーツや野菜)に含まれている酵素のことです。

食物酵素自体は胃の中に入ると胃酸によって変性が起こり、働きを失って分解されてしまうので、体への吸収はほとんどされません。

しかし、食物酵素は食品中に含まれるさまざまな栄養素に働きかけて反応を起こす、いわば「触媒」のような存在で、栄養素の効果を高めたり、体内の酵素に働きかけて健康な体づくりをしたりする効果が期待できます。

体内で作られる酵素の量は決まっているため、食事から酵素をとることはとても大切です。この機会に生のフルーツや野菜をたっぷりととり入れ、酵素を大切にした食生活を始めてみてはいかがでしょうか?

プロフィール紹介
prof_yumi_katamura

片村 優美さん

管理栄養士

病院で栄養指導や給食管理に従事したのち、フリーランスに転身。webサイトや商品の監修、コラム執筆を主に行っている。地域の活動として、食育講座や地域食材を使ったレシピサイトの運営、短期大学の非常勤講師などを務め、身体のことだけではなく、心の健康も大切にした「無理しない健康づくり」を推奨している。

病院で栄養指導や給食管理に従事したのち、フリーランスに転身。webサイトや商品の監修、コラム執筆を主に行っている。地域の活動として、食育講座や地域食材を使ったレシピサイトの運営、短期大学の非常勤講師などを務め、身体のことだけではなく、心の健康も大切にした「無理しない健康づくり」を推奨している。

提供元:有限会社九南サービス 掲載日:2021/06/29