スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社コーセー

キレイな人は始めてる!オイル美容でしっとりモチモチ肌に♪

更新日:2019/01/11

オイル美容って何にどういいの?

美しい肌に触れて喜ぶ女性

化粧水や乳液できちんとスキンケアしていても、乾燥や毛穴、くすみなどが気になる日もありますよね。「いつでもコンディションのいい肌を保ちたい!」そんなときに取り入れたいのがオイル美容です。

でも「どれを選べばいいかわからない」「ベタつきそうで心配」「使い方が難しそう」…など、二の足を踏んでいる人もいるはず。始めないともったいない、オイル美容の魅力を紹介します。

オイル美容3つの魅力

みずみずしいオイルの一滴

オイルは使い方次第でさまざまな働きが期待できますが、主な効果は3つ。柔軟・保湿・保護です。

柔軟

乾燥して硬くなった肌を、やわらかくする効果があります。それによって、後から使うスキンケアアイテムの浸透*がアップする働きも。

保湿

すこやかな肌は、肌がみずから生み出す保湿成分によってうるおいを保っています。その保湿成分のひとつが細胞間脂質。肌の一番外側にある角層に存在し、細胞と細胞の隙間を満たすことで、肌内部のうるおいを保っています。オイルは細胞間脂質とよくなじみ、水分蒸散を防いで保湿します。

保護

肌表面に薄い膜をつくり、外気の乾燥や紫外線、ちり・ほこりなどの外敵刺激をブロック。角層の水分蒸散も防ぎます。

とはいっても、オイルの効果はどれも同じではないんですよ。オイルは角層のすみずみまで浸透することで、柔軟・保湿・保護の効果をしっかり発揮。美容オイルを選ぶ決め手は、ずばり「浸透力*」です!

*角層まで

ベタつき知らず!浸透*するオイル状美容液はアウェイク

アウェイク美容オイル4種のショット

"ショット"と名付けられたアウェイクのオイル状美容液は、植物のパワーが詰まったオイルに注目しました。

ベースとなるオイルには、コメ胚芽オイル*1とオリーブ脂肪酸エチル*2を配合。コメ胚芽オイルは、1粒の玄米からわずかしか取れない希少なオイル。ビタミンEをたっぷり含み、日中に受けやすい乾燥などの肌トラブルをケアします。

天然オリーブ由来のオリーブ脂肪酸エチルは、美容成分の浸透*3をサポート。肌なじみがよく水分量と浸透力*3がアップして、オイルの効果をしっかり引き出します。

ラインナップは肌悩みに合わせて4種類。サラッと軽いものからしっとり濃密なものまで、テクスチャーの好みで選ぶこともできますよ。

*1 エモリエントまたは保湿 *2 保湿 *3 角層まで

ファーマショット コンセントレイトオイル

アウェイク ファーマショット コンセントレイトオイル

ピンッと弾むようなハリ感をもたらすエイジングケア*美容オイル。しっとり濃密なうるおいで、活力感を呼び込みます。

*年齢に応じたお手入れのこと

詳しくはこちら

ラディアンスショット コンセントレイトオイル

アウェイク ラディアンスショット コンセントレイトオイル

水分を抱え込んで、透明感あふれる肌に導く美容オイル。乾燥でくすみがちな肌にうるおいが浸透*し、輝くようなツヤを与えます。

*角層まで

詳しくはこちら

ハイドラショット コンセントレイトオイル

アウェイク ハイドラショット コンセントレイトオイル

美容液とオイルの2層オイル状美容液。みずみずしい感触で瞬時にうるおい、ゆるみがちな毛穴が気になる肌をふっくらなめらかに。

詳しくはこちら

バランスショット コンセントレイトオイル

アウェイク バランスショット コンセントレイトオイル

オイル・美容液・パウダーを凝縮した3層オイル状美容液。オイルなのにみずみずしくうるおって、テカリや毛穴の黒ずみが気になる肌をサラサラに整えます。

詳しくはこちら

使い方自由自在!肌や気分に合わせてケア

アウェイクのオイル状美容液は、ライフスタイルや肌状態に合わせた使い方ができるのも魅力。

ブースターや美容液としてはもちろん、マッサージオイルとしても使えます。慌しい朝や疲れた夜には、1本で時短ケアもできますよ。

スーッとなじんでベタつかず、フレキシブルに使えるアウェイクのオイル状美容液。植物のパワーを肌に注ぎ込んで、うるおいバランスのとれたヘルシー肌を目指しませんか?

あなたにピッタリなオイルがきっと見つかる!オイル美容はアウェイクから

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー