スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

顔の傷

何かしらの怪我などで顔に傷ができてしまったときの対処法について、医師監修のもと解説します。

記事ランキング

  1. 1
    顔の傷を早く治すための方法とは
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    顔の傷を早く治すための方法とは

    顔は目立つ部位のため、顔にケガをしてしまった場合、早く治したいと思う方も多いでしょう。ここでは、顔の傷を早く治すための方法として、病院での薬の処方やテーピング、食事療法について解説します。

  2. 2
    顔にやけどをした時の適切な応急処置と跡を残さないための対処方法
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    顔にやけどをした時の適切な応急処置と跡を残さないための対処方法

    顔のやけどは跡が目立ちやすいので適切なケアが必要です。顔にやけどをしたときに跡を残さず治すための2つの対処方法についてドクター監修のもと、解説します。

  3. 3
    消毒液や薬は使わない!顔の擦り傷や切り傷への対処方法
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    消毒液や薬は使わない!顔の擦り傷や切り傷への対処方法

    顔に擦り傷や切り傷を負ってしまった場合に跡を残さないための対処方法についてや、近年広まってきている消毒液や薬を使わない湿潤療法についてドクター監修のもと、解説します。

  4. 4
    皮膚科・形成外科どちらに行くべき?顔の傷跡を目立たなくしたいとき
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    皮膚科・形成外科どちらに行くべき?顔の傷跡を目立たなくしたいとき

    傷跡の治療は皮膚科や形成外科、美容皮膚科などでは治療方法に違いがみられます。ここではその治療方法の違いや傷跡を目立たなくさせたいときに、どこにいくべきかを医師監修のもと解説します。

  5. 5
    顔の傷跡を残さないためのポイントとは
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    顔の傷跡を残さないためのポイントとは

    顔に傷がついてしまった場合、なるべく跡が残らないようにしたいところです。傷の度合いにもよりますが、傷が残ってしまう原因を知り、それに合った対処をすることで、少しでも傷が残らないようにしましょう。

  6. 化粧品は使える?傷跡を隠すための方法とは
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    化粧品は使える?傷跡を隠すための方法とは

    顔の傷跡が残っている、もしくは治りかけている場合、傷跡を隠すために化粧をしてもよいものか、気になるところです。ここでは顔の傷跡を上手に隠すための方法について詳しく解説します。

  7. 顔に傷がある場合のスキンケア方法
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    顔に傷がある場合のスキンケア方法

    顔に傷がある場合、スキンケアはどうしたらいいのか、わからない方も多いでしょう。顔に傷があるときは、肌に刺激を与えないことが基本です。ここでは顔の傷への影響が少ないスキンケア方法をご紹介します。

  8. 顔の傷跡はレーザー治療で目立たなくなる?
    稲葉岳也 先生

    稲葉岳也 先生

    顔の傷跡はレーザー治療で目立たなくなる?

    傷跡を治すのにレーザー治療が有効であることは、広く知られています。傷跡にはニキビ跡や手術の跡、やけどの跡などさまざまな種類があります。ここでは、ドクター監修のもと、傷跡に対するレーザー治療の有効性について解説します。

  9. 顔の擦り傷・切り傷の病院での治療方法
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    顔の擦り傷・切り傷の病院での治療方法

    顔に傷ができてしまったら、跡が残らないか不安になりますよね。顔の擦り傷や切り傷で病院を受診した場合、医師が傷の状態を観察したのちに、治療方法を選択します。ここでは、顔の擦り傷や切り傷の病院での治療方法について解説します。

  10. 顔の傷を傷跡として残さないためには
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    顔の傷を傷跡として残さないためには

    ケガをすると傷跡として残ってしまうことがあります。この傷跡、残さないようにする方法はあるのでしょうか。顔の傷について、傷跡がつくられるメカニズムから傷跡を残さないようにする方法まで、ドクター監修の記事で解説します。

顔に傷ができてしまった場合の基礎知識

もし、顔に傷ができてしまったらどう対処すればいいのでしょうか。やけどや擦り傷、切り傷など、傷ができてしまう原因はさまざまです。また、傷ができてしまったときのスキンケアなどについてもドクター監修記事にて詳しくご説明します。

カテゴリー