スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

毛嚢炎

なかなか治らないニキビは、毛嚢炎(もうのうえん)かもしれません。治療法や基礎知識をご紹介しています。

記事ランキング

  1. 1
    毛嚢炎になってしまったときの治療とは?
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    毛嚢炎になってしまったときの治療とは?

    毛嚢炎(もうのうえん)にはさまざまな症状があり、治療においては症状の程度に合わせて対応することが大切です。ここでは、毛嚢炎の主な治療法のほか、予防にも役立つ治療中のケア方法について、ドクター監修のもと解説します。

  2. 2
    陰部に毛嚢炎ができたらどうすればいいの?
    上浦典子 先生

    上浦典子 先生

    陰部に毛嚢炎ができたらどうすればいいの?

    毛嚢炎(もうのうえん)とは、主にブドウ球菌や緑膿菌に感染して起こる皮膚の病気です。頭皮や顔、体にニキビのようなブツブツができますが、陰部も発症しやすい部位です。ドクター監修のもと、陰部にできる毛嚢炎について解説します。

  3. 3
    毛嚢炎になるとどのような症状が出るの?
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    毛嚢炎になるとどのような症状が出るの?

    毛嚢炎(もうのうえん)は、ヒゲやムダ毛を処理した後にできる、毛穴の奥にある毛包に細菌が入り込むことで起こる炎症のことです。毛嚢炎の主な症状と気づいたときの対処法などについて、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

  4. 4
    気をつけよう!毛嚢炎になる原因とは?
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    気をつけよう!毛嚢炎になる原因とは?

    毛穴の奥にある毛包に細菌が入り込んで起こる炎症「毛嚢炎(もうのうえん)」。細菌が入り込む理由は免疫力の低下やステロイド剤の使い過ぎなどさまざまです。ここでは、毛嚢炎の原因について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

  5. 5
    毛嚢炎の原因や男女別の症状・治療法
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    毛嚢炎の原因や男女別の症状・治療法

    ヒゲやムダ毛を処理したときなどに、毛穴の奥にある毛包に細菌が入り込んで起こる炎症が「毛嚢炎(もうのうえん)」です。ここでは、毛嚢炎ができるメカニズムや症状、治療法について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

注目情報

カテゴリー