スキンケア大学 メンズスキンケア大学

その他の発疹・皮膚病

肌に現れ、肉眼で確認でいる変化を発疹といいます。発疹にはさまざまな原因があり、背景に別の病気が潜んでいることもあります。ここでは発疹や皮膚病について、ドクター監修の記事で詳しくご紹介します。

記事ランキング

  1. 1
    爪のひょうそは自然治癒する?薬で治せる?病院に行くなら何科?
    中﨑恵美 先生

    中﨑恵美 先生

    爪のひょうそは自然治癒する?薬で治せる?病院に行くなら何科?

    爪の周りが赤く腫れて、強い痛みがある。こういう場合は爪のひょうそ(ひょう疽)かもしれません。ここでは爪のひょうそがなぜ起こるのか、市販薬で治せるか、病院に行くならどの診療科が適切なのかを中心に解説します。

  2. 2
    早期治療が大切なひょうそ(ひょう疽)の治療
    貞政裕子 先生

    貞政裕子 先生

    早期治療が大切なひょうそ(ひょう疽)の治療

    ひょうそ(ひょう疽)は、手足の爪周辺が腫れる皮膚病のことです。ここでは、医療機関で行われる検査や、治療法、膿が出た場合の処置、日常生活で気をつけることについてドクター監修の記事で解説します。

  3. 3
    とびひの治療薬|症状と皮膚科でのケアについて
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    とびひの治療薬|症状と皮膚科でのケアについて

    とびひは、掻いたりするとどんどん広がってしまうため、早期に治療を開始する必要があります。早めに病院を受診し、適切な治療を受けましょう。ここでは、とびひの治療薬や検査についてドクター監修の記事で解説します。

  4. 4
    とびひって何?どのような状態?
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    とびひって何?どのような状態?

    とびひは、皮膚症状をともなう病気です。掻くことで、またたく間に全身へと広がるため、正しい対処法を知っておくことが大切です。ここでは、とびひとはどのような状態なのか、原因や治療法などを含めてドクター監修の記事で解説します。

  5. 5
    とびひ(伝染性膿痂疹)の治療と薬の種類
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    とびひ(伝染性膿痂疹)の治療と薬の種類

    とびひ(伝染性膿痂疹)は大きく水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の2つに分けられ、それぞれ治療法が異なってきます。種類別に治療法や用いられる薬をドクター監修の記事で解説します。

  6. 大人のとびひの原因・症状と薬での治療
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    大人のとびひの原因・症状と薬での治療

    とびひは、子供がかかることが多いと思われがちですが、実は大人でもとびひを発症することがあります。人にうつる可能性もあるので、まずは医療機関を受診しましょう。ここでは、大人のとびひについてドクター監修の記事で解説します。

  7. とびひ(伝染性膿痂疹)の治療法ととびひに似ている皮膚疾患
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    とびひ(伝染性膿痂疹)の治療法ととびひに似ている皮膚疾患

    とびひは、健康な人にうつる心配はないとされていますが、重症化すると重篤な状態に陥る危険があるため、早期に治療を開始しなければなりません。ここでは、とびひの治療法や再発の心配などについてドクター監修の記事で解説します。

  8. とびひの症状を悪化させないためのホームケア
    向田公美子 先生

    向田公美子 先生

    とびひの症状を悪化させないためのホームケア

    とびひ(伝染性膿痂疹)は急速に症状が広がるので、悪化しないよう早めの対策が大切です。こちらでは、ドクター監修のもと、とびひが悪化してしまう原因と、適切なホームケアについて解説します。

  9. アレルギー性紫斑病にともなう紫斑病性腎炎とは
    大利昌久 先生

    大利昌久 先生

    アレルギー性紫斑病にともなう紫斑病性腎炎とは

    紫斑病性腎炎はアレルギー性紫斑病の合併症です。紫斑のほか関節痛や腹痛が見られ、腎炎の症状はあまりないとされますが、まれに重い腎不全を起こす病気です。ここではその原因や治療について、ドクター監修のもと解説します。

  10. 自然治癒がむずかしい汗孔角化症(かんこうかくかしょう)とは
    神林由香 先生

    神林由香 先生

    自然治癒がむずかしい汗孔角化症(かんこうかくかしょう)とは

    汗孔角化症は皮膚疾患のひとつで、中央が皮膚の萎縮によって陥没してくぼみ、辺縁が堤防のようにもりあがった独特の丘疹がみられるのが特徴です。汗孔角化症について、主な症状や原因、治療法を、ドクター監修の記事で解説します。

カテゴリー