スキンケア大学 メンズスキンケア大学

日焼け・紫外線対策

日焼けしたい人も日焼けをうっかりしてしまった人も、正しいケアを知って将来のお肌を労わりましょう。アフターケアをしないと将来たくさんの悩みを抱えることになってしまいます。

記事ランキング

  1. 1
    日焼け止めの正しい選び方と塗る順番について
    藤井佳苗 先生

    藤井佳苗 先生

    日焼け止めの正しい選び方と塗る順番について

    日焼け止めに表示されている PFとPAの違い、あなたは知っていますか?UVカット化粧品についての基本から、日焼け止めを塗る順番はもちろん、「紫外線吸収剤」についての怖さまで、日焼け止めの正しい知識をドクター監修のもと解説します。

  2. 2
    体の中から紫外線対策をしよう
    澤田彰史 先生

    澤田彰史 先生

    体の中から紫外線対策をしよう

    澤田彰史先生によるメンズスキンケアコラム第30弾。しみやコラーゲン破壊の原因の紫外線はどうすれば…?これを読めばすべて解決!

  3. 3
    車の中でも日焼けはする!運転中の紫外線対策
    谷川知子 先生

    谷川知子 先生

    車の中でも日焼けはする!運転中の紫外線対策

    車の中は金属と窓で覆われているため、紫外線対策を忘れてしまいがちです。しかしながら、ガラスは紫外線を通すので車内にも紫外線は入ってきます。ここでは、乗車時に日焼けしないためのポイントを、ドクター監修のもと詳しくお伝えします。

  4. 4
    日焼けしやすい人と日焼けしにくい人はどう違う?
    慶田朋子 先生

    慶田朋子 先生

    日焼けしやすい人と日焼けしにくい人はどう違う?

    日差しを浴びるとすぐに肌が黒くなる日焼けしやすい人と、赤くなるだけの日焼けしにくい人の違いは、メラニン色素の合成の仕方にあります。両者の違いなどについて、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  5. 5
    日焼けで肌がヒリヒリ痛い・水ぶくれになったときの対処法とケア方法
    慶田朋子 先生

    慶田朋子 先生

    日焼けで肌がヒリヒリ痛い・水ぶくれになったときの対処法とケア方法

    ひどい日焼けの場合、皮膚が真っ赤になってヒリヒリと痛んだり、水ぶくれができたりします。日焼けは対処方法によって、治る早さや傷の程度が変わってきます。ピリピリ、ジンジン痛くてつらい日焼けの対処法を、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  6. 頭皮が日焼けしたときの対処法とシャンプー時のポイント
    慶田朋子 先生

    慶田朋子 先生

    頭皮が日焼けしたときの対処法とシャンプー時のポイント

    実は、顔やボディよりも紫外線を多く浴びている頭皮。日焼けしてしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。日焼けした場合のシャンプーの仕方など、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  7. 日焼け・紫外線対策におすすめの食事とは
    藤井佳苗 先生

    藤井佳苗 先生

    日焼け・紫外線対策におすすめの食事とは

    紫外線はお肌の大敵!と言われるほど、肌トラブルの原因となるやっかないもの。あなたはどんな紫外線対策をしていますか?日焼け止めやUV対策グッズだけじゃない、意外と知られていない有効な日焼け対策をご紹介します。

  8. ひどい日焼けで肌がヒリヒリ痛いときの正しい対処法|応急処置とスキンケア方法
    慶田朋子 先生

    慶田朋子 先生

    ひどい日焼けで肌がヒリヒリ痛いときの正しい対処法|応急処置とスキンケア方法

    日焼けによるダメージを受けた肌は、赤くなったり、ひりひりと痛んだりします。そんなときのお手入れは、いつもと同じでよいのでしょうか。日焼けで肌が痛いときの洗顔やスキンケアを、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  9. 正しく日焼け止めを使っていますか
    澤田彰史 先生

    澤田彰史 先生

    正しく日焼け止めを使っていますか

    いまさら聞けない「紫外線」を避ける理由!日焼け止めを塗る大切さ、本当に理解していますか?選び方や効果的な使い方などをドクター監修の記事で解説します。

  10. うっかり日焼け後の正しいアフターケア方法とは
    藤井佳苗 先生

    藤井佳苗 先生

    うっかり日焼け後の正しいアフターケア方法とは

    うっかり日焼けは、積もり積もって肌の老化として表面にあらわれてきます。今目に見えなくても、その積もったダメージは数年後確実に肌に影響を及ぼします。正しくケアをしないと後で大変なことになりかねないので、しっかりとした正しいケアをしましょう。

日焼け止め・紫外線対策

高い数値の日焼け止めを選んでいることで逆に肌に負担をかけている場合もあります。

カテゴリー